2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本も上位!春節旅行の人気目的地トップ10発表―中国メディア

配信日時:2018年2月10日(土) 8時20分
日本も上位!春節旅行の人気目的地トップ10発表
画像ID  958385
7日間にわたる2018年春節(旧正月、今年は2月16日)連休中、どれくらいの人々が旅行に出かけるのだろうか?
7日間にわたる2018年春節(旧正月、今年は2月16日)連休中、どれくらいの人々が旅行に出かけるのだろうか?当局の予測では、前年同期比12%増の延べ3億8500万人に上るとしており、中国国内の観光収入は、同12.5%増の4760億元(約8兆2500億円)に達すると見られている。西安晩報が伝えた。

中国観光研究院と国家観光局データセンターは6日、携程旅遊ビッグデータ連合実験室と共同で、「2018年春節連休観光市場予測報告」を発表した。これによると、2018年第1四半期(1−3月)、中国国内の住民で旅行願望がある人の割合は83%、春節連休中に旅行に出る予定の人は48.9%にそれぞれ達した。春節連休中の旅行願望は極めて高く、春節旅行は中国の人々にとって、いまでは主要な年越しスタイルとなっている。

なかでも個人旅行の割合が高く、マイカーで旅行に出る人の割合は44.7%に達し、高速鉄道や列車を利用した旅行は18.8%を占めた。

2018年春節連休中、帰省と観光のための旅行が集中しており、親族・友人訪問や集会・レジャーが主流となっている。特に、都市へのレジャー旅行やアイランド旅行、氷雪旅行、クルーズ旅行、家族旅行の人気が目立っている。

携程旅遊の国内旅行予約データによると、今年の春節旅行人気は引き続き上昇中で、南方の島々や温暖な地域の都市、氷雪観光名所の人気が最も高い。三亜と北京、アモイは引き続き爆発的な予約状況を呈し、広州と昆明がすぐそのあとに続いている。上海と成都、ハルビン、桂林、西安の各都市も人気が高く、春節十大人気観光都市に名前を連ねている。

また、報告では、今年の春節連休に旅行に出る人は、延べ650万人と、過去最大規模に達する見通しと予想している。春節という中国の伝統的な休日が、いまや地球規模のゴールデンウィークとなりつつある。2月1日時点での予約データによると、旅行に出る人の数は、2月8日から大幅に増加、特に欧米諸国を訪れる海外旅行客の出国ピークを迎える。旅行のピークは、旧暦1月1日と2日に到来し、大晦日を含めると予約全体の6割を占める。

報告によると、今年の春節海外旅行で最も人気が高い目的国トップ10は、順にタイ、日本、シンガポール、ベトナム、インドネシア、米国、マレーシア、フィリピン、オーストラリア、カンボジア。短距離旅行では、寒さから解放されるために温暖なタイに行く、また雪を鑑賞するために日本を訪れることが流行っている。一方、長距離旅行については、北欧、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ、カナダ、イタリア、スペイン、チェコ、オーストリア、オーストラリア、ニュージーランドが今年の「ダークホース」となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事