韓国が好き過ぎて…12年で174回訪れた日本人女性が話題に

配信日時:2018年8月7日(火) 7時10分
韓国が好き過ぎて…12年で174回訪れた日本人女性が話題に
画像ID  958031
2日、韓国・東亜日報は「止められない日本人おばさんの韓国一周旅行」との見出しで、12年で174回訪韓したという日本人女性を紹介した。写真はソウル。
2018年8月2日、韓国・東亜日報は「止められない日本人おばさんの韓国一周旅行」との見出しで、12年で174回訪韓したという日本人女性を紹介した。

記事によると、神奈川県川崎市に住む女性は現在、韓国全域(162地方自治体)制覇の旅行を控えて話題になっている。2006年のソウルを皮切りに、先月までに161の地域を旅行したという。まだ訪れていないのは江原道(カンウォンド)横城(フェンソン)郡のみで、今年10月ごろに訪れる予定だ。

きっかけは韓流スター、イ・ビョンホンの出演ドラマのロケ地めぐりのパッケージツアーに参加したことだった。本格的な韓国旅行は09年の全羅北道(チョルラブクド)全州(チョンジュ)市訪問からで、伝統的な韓屋(ハンオク)村の魅力にとりつかれて以来、同地を83回も訪れたという。

その後、地方都市の魅力にはまっていた女性は、2年前の鬱陵島(ウルルンド)訪問で「全国一周」の目標を立てる。「鬱陵島旅行で苦労したことで、どんな場所でも旅行できるという自信がついた。外国人があまり行かない所まで行ってみたかった」と話し、全国一周を諦めなかった理由については「韓国人特有の情のおかげ」と説明している。

記事では女性の近況についても伝えている。全羅北道の国際交流諮問官、大邱(テグ)や慶尚北道(キョンサンブクド)栄州(ヨンジュ)市などの日本人対象旅行プログラムの開発といった「韓国旅行プランナー」としても活動中。今後の目標は韓国の離島を旅行することだという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「情熱がすごい」「民族感情を越えて、彼女のことは尊敬できる。私の故郷を83回も訪れてくれたなんて。ありがとう」「こういう日本人にはよくしてあげよう」「韓国人より韓国愛が強い」「韓国語も相当上手なのだろう。両国の民間交流の助けになることだろう。応援します」「おばちゃん、頑張って!」など、称賛の声が相次いでいる。(翻訳・編集/松村)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事