【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

平昌五輪から1年、ほとんどの施設が活用できず放置状態=韓国ネット「もう誘致しないで」

配信日時:2019年2月12日(火) 10時40分
平昌五輪から1年、ほとんどの施設が活用できず放置状態
画像ID  957709
8日、韓国・中央日報は、巨額を投じた平昌五輪の施設が、その後ほとんど活用できず放置されている実態を報じた。写真は平昌五輪のPR。
2019年2月8日、韓国・中央日報は、巨額を投じた平昌(ピョンチャン)五輪の施設が、その後ほとんど活用できず放置されている実態を報じた。

記事によると、ボブスレー・スケルトン競技が実施されたアルペンシア・スライディングセンターでは平昌五輪閉幕から1年が経った現在、総事業費1141億ウォン(約111億2300万円)をかけた長さ2018メートルのトラックが「コンクリートむき出しの状態」だという。小平奈緒と李相花(イ・サンファ)の激しい競争が繰り広げられたスピードスケート競技場も同様で、使用されない原因として記事は「氷を張るのに5000万ウォン以上かかること」を挙げている。五輪以降一度も公式イベントが行われておらず、冷凍倉庫やテニスコート、アイスダービー場、ドロンスポーツ競技場などさまざまな事後活用案が提示されるも、結論が出ていない状況だという。

最多となる2034億ウォンもの建設費を投じた旌善(チョンソン)アルペン競技場も、「競技場施設存置」と「自然林原状復旧」をめぐり1年近く当事者らがもめている。「韓国文化体育部が五輪施設事後活用案を提出せず、江原道(カンウォンド)も責任を政府に押し付けたまま1年が過ぎた」と記事は伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「平昌五輪は準備からめちゃくちゃだったもんね」「そもそも五輪後は原状復旧に決定していたはず」「誰もが予想していたこと」「政治的ショーを見せるために開催したのだから、この結果は当然」などと皮肉混じりのコメントが続出している。

そのため「地域活性化をうたって国際大会を誘致するのはもうやめて。仁川アジア大会も大会後に仁川市の負債が激増したし、平昌五輪も開催費用の利子だけで巨額が飛んでいった」「もう二度と国民の血税を無駄遣いする国際行事を誘致しないで」と願うユーザーも多く見られた。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/02/18 04:32)

    日本もひとごとではない、あの1500億円もかけて建設した新国立競技場はなんと今時冷房がついていない欠陥建築である、そんな所で真夏にオリンピックを開催するのは危険過ぎるし、またこんな全時代的な国立競技場はオリンピックが終わったら無用の長物となるのはほぼ確実、韓国の事を笑っている場合ではない!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • S.R***** | (2019/02/13 11:49)

    今度オリンピックの開催時は北の将軍様銅像を前に( ̄^ ̄)ゞし競技する様子が垣間見える!ベルリンの再来だろう!独裁者
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 心配性***** | (2019/02/13 07:53)

    2032年夏季五輪でソウルが韓国側招致都市に決定したそうな。まあ、学習しないというか頭が悪いというかおめでたいというか。まあ、所詮税金なんて自分の金じゃないし売名の為なら平気でじゃぶじゃぶ使えますからね。そんなこんなで平昌五輪もやったんだから後がどうなろうと気にする必要は全然ないでしょう。経済破綻万歳!
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事