2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国ショートトラック代表のコーチによる選手暴行に衝撃「殴られ指骨折」も

配信日時:2018年12月19日(水) 19時50分
「殴られ指骨折」「死ぬかもしれない」韓国ショートトラックのパワハラ実態に衝撃
画像ID  957658
19日、韓国・MBNによると、スピードスケートのショートトラック女子韓国代表のシム・ソクヒ選手がチョ・ジェボム前代表コーチから暴行を受けたとして訴えた裁判の控訴審が17日に行われた。写真は平昌五輪の選手村。
2018年12月19日、韓国・MBNによると、スピードスケートのショートトラック女子代表選手のシム・ソクヒがチョ・ジェボム前代表コーチから暴行を受けたとして訴えた裁判の控訴審が17日に行われた。証人として出廷したシムは被害内容を涙ながらに語り、チョ被告に対する厳罰を求めたという。

記事によると、シムは「小学1年生の時から常習的に暴言、暴行を受けていた。小学4年生の時にはアイスホッケーのスティックで殴られ、手の指を骨折した」と告白。成長するにつれ暴行は「さらにエスカレートした」といい、「今年2月の平昌五輪前には『死ぬかもしれない』との考えが浮かぶほど殴られ、脳震とうを起こした。その影響で五輪の試合中に意識を失い、メダルの夢をかなえられなかった」と証言した。

シムは極度の恐怖で抵抗できず、「暴行の事実をばらしたら選手生活が終わると洗脳されていた」ために周囲に打ち明けることもできなかったという。また現在はうつや不安症、心的外傷後ストレス障害、不眠症などのため精神科に通院していると明かした。最後にシムは「チョ前コーチが二度と同じ罪を犯さないよう重い処罰を課してほしい」と訴えたという。

チョ被告は平昌五輪開幕直前の1月16日、シムを数十回にわたって殴り全治3週間の傷を負わせたとして在宅起訴された。その後、捜査中に他の選手に対しても暴行を加えていた事実が発覚。1審では懲役10カ月が言い渡されていた。

このニュースに韓国のネット上では「恐ろしい。少女の人生を台無しにする行為だ」「人間のすることとは思えない」などの声が上がり、衝撃が広がっている。また「シム選手を応援、支持する。暴力をなくさなければならない」「絶対に負けないで。全て打ち明け、次の五輪では必ず金メダルを獲ってほしい」など応援メッセージも。

その他「長い間苦しみ続けたのに、10カ月は短過ぎる。暴行がなければ金メダルを獲れたかもしれないのに。最低でも懲役5年以上を宣告してほしい」「小学生の頃から暴行を続けてきたのにたったの10カ月?。米国なら無期懲役が出されているはず。韓国の子どもの人権はどうなっている?」「韓国はこういう罪を犯した人が優秀な弁護士を雇い、何もなかったかのようにまた社会に出て来られる国。一番の問題は裁判官だ」など1審の判決に対する不満の声も続出し、厳罰を求める声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事