Record China

ヘッドライン:

<平昌五輪>ショートトラックで転倒した北朝鮮選手、日本選手のブレードをつかみにかかる妨害行為=中国ネットから非難の声

配信日時:2018年2月21日(水) 16時20分
拡大
20日に行われた平昌五輪・ショートトラック男子500メートルの予選で、北朝鮮の選手が見せた行為に中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。

20日に行われた平昌五輪・ショートトラック男子500メートルの予選で、北朝鮮の選手が見せた行為に中国のネットユーザーが反応を示している。

問題の行為があったのは日本の渡辺啓太が出場した7組のレース。転倒した北朝鮮選手が並走していた渡辺のブレードをつかみにかかり、渡辺ももう少しで転倒するところだった。中国メディアでは「この一部始終がカメラに記録された」などと報じられている。あるネットユーザーはこの映像を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿。これを見たネットユーザーからは「嫌な気分」「恥知らず」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

団体競技なのにチームワーク“ゼロ”?韓国チームのゴール場面が物議=「生中継でこんなの初めて」「どうか傷付かないで」

19日、3人の選手が一つの体のように動かなければならないスピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)で、韓国チームの2選手が最後尾にいた選手の遅れに気付かず先にゴールし、物議を醸している。写真は平昌五輪の会場。

Record China
2018年2月20日 14時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング