【募集中】韓国語社内スタッフ

日本の電機メーカーに暖冬到来、7社が純利益増―中国メディア

配信日時:2018年2月8日(木) 17時40分
日本の電機メーカーに暖冬到来、7社が純利益増
画像ID  957725
円安や海外事業の好調さなど複数の要因に推されて、日本の7大電機メーカーは2017年度第1〜3四半期(17年4月1日から12月31日まで)の純利益がそろって増加し、売上高も富士通を除く6社がそろって増加を達成した。資料写真。
円安や海外事業の好調さなど複数の要因に推されて、日本の7大電機メーカーは2017年度第1〜3四半期(17年4月1日から12月31日まで)の純利益がそろって増加し、売上高も富士通を除く6社がそろって増加を達成した。新華社が伝えた。

パナソニックが5日に同期の決算を発表し、7大メーカーの同期決算がすべて出そろった。パナソニックの同期売上高は5兆9122億2000万円で前年同期比9%増加し、純利益は2001億円で同1.3%増加した。

ソニー、三菱電機、日立製作所は同期に過去最高益を達成した。ソニーの純利益は5076億2000万円で、前年同期の456億3900万円の11倍あまりに増えた。三菱は1931億円で同43%増加し、日立は2585億8200万円で同35.2%増加した。

3社は同期の売上高も増加した。ソニーは6兆5929億円で同15.7%増加、三菱は3兆1150億円で同6%増加、日立は6兆6740億円で同2.4%増加だった。

シャープは鴻海精密工業の傘下で再建を続けている。同期には液晶・家電事業が順調で、売上高は22.7%増加して1兆8294億円に達し、純利益は553億円だった。

NECの同期売上高は1兆9713億円で同9.9%増加、純利益は約176億円で前年同期の28億円赤字から大きく好転した。

富士通はシステム構築運用事業が不調で、同期の売上高は0.1%減少し、営業利益は29.3%減少したが、保有する富士電機株を売却したため、純利益は554億円となり、同71.9%増加した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事