「寒さ」も注目の平昌五輪、開会式当日の予想気温は?―中国メディア

Record China    2018年2月8日(木) 23時20分

拡大

7日、韓国気象庁は平昌五輪のメーンプレスセンターで開いた記者会見で、開会式が行われる9日夜の気温は氷点下2〜5度との予想を示した。資料写真。

2018年2月7日、韓国気象庁は平昌五輪のメーンプレスセンターで開いた記者会見で、開会式が行われる9日夜の気温は氷点下2〜5度との予想を示した。風速は3〜5メートルが予想され、体感温度は氷点下10度になるという。新浪体育が伝えた。

記事によると、2月9日午後8時の過去30年間の平均気温は氷点下5.2度、体感気温は氷点下10.6度。気象庁は「西から温かい空気が流れ込む影響で9、10日の気温は平年に近づくか、やや上回る」としているが、11日からは気温が下がる見通しだそうだ。

平昌五輪は「強烈な寒さ」も注目を集めており、気象庁は観客に寒さ対策を呼び掛けている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携