日本の航空会社の「大ミス」で思わぬ得をした中国企業―中国メディア

配信日時:2018年2月8日(木) 17時10分
日本の航空会社の「大ミス」で思わぬ得をした中国企業―中国メディア
画像ID  957440
7日、観察者網は、関西空港で台湾から到着したピーチ航空便の乗客が誤って国内線の到着口に案内されたトラブルで、中国のアリペイが思わぬ広告効果を得たと伝えた。写真はアリペイ。
2018年2月7日、観察者網は、関西空港で台湾から到着したピーチ航空便の乗客が誤って国内線の到着口に案内されたトラブルで、「中国の支付宝(アリペイ)が思わぬ広告効果を得た」と伝えた。

5日夜、ピーチ航空28便で台北から関西空港に到着した乗客165人が誤って国内線到着口に案内され、入国審査を受けることなく日本国内に入るトラブルが発生した。

記事は、このトラブルについて日本の全国ネットのテレビ局が乗客にインタビューした際に、乗客の背景の壁一面にアリペイの広告が掲示されており、画面にバッチリ映っていたと紹介。「QRコードをスキャンできるほどクリアに映っており、ネットユーザーからは『このトラブルにおける最大の勝者は支付宝かもしれない』との感想が出た」と紹介している。

記事によると、中国の電子決済サービス大手・アリペイは2017年末現在で日本、韓国、マレーシア、タイ、シンガポールなど36カ国で導入されており、日本では5000を超える店舗がサポートしているという。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/02/09 10:40)

    なんかね、日本の産業って製造業からサービス業まで、あらゆるところで質が低下してる気がするよな。似たようなことは日本だけでもないから、グローバル化とかの影響かも知れないけど。 ピーチって事はLCCだから、コストを抑えるために人件費はまずケチってるだろうし、そうなると不備が目立ってくることもあるだろう。 非正規だから能力が足りない、というより、モチベーションや責任感の問題かも知れない。 「入国審査」ってのは所謂「水際」だから、空港では最重要な業務の一つだ。そういう部分に携わる人員は、ちゃんと責任の取れる人員を配置して欲しいもんだね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事