中国に謝罪したベンツに皮肉と批判―仏メディア

配信日時:2018年2月8日(木) 21時20分
中国に謝罪したベンツに皮肉と批判―仏メディア
画像ID  957439
8日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、ダライ・ラマの言葉を引用したメルセデス・ベンツのSNS広告を削除して謝罪した独ダイムラーに対し、ドイツメディアや人権団体から批判の声が出ていると報じた。写真はベンツのエンブレム。
2018年2月8日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、ダライ・ラマの言葉を引用したメルセデス・ベンツのSNS広告を削除して謝罪した独ダイムラーに対し、ドイツメディアや人権団体から批判の声が出ていると報じた。

問題になったのは、ダイムラーがInstagramに掲載したメルセデス・ベンツの広告。ダライ・ラマの「異なる角度から局面を見れば視野はさらに広がる」という意味の言葉が使われていた。中国では事実上Instagramの閲覧はできないが、中国のSNS上で広告画像が拡散。事態を重く見たダイムラーは6日、微博上に中国人消費者に対する謝罪声明を出し、広告を削除した。

記事は「市民運動家や人権団体が、ダイムラーの弱腰を批判した。チベット支援活動団体のインターナショナル・キャンペーン・フォー・チベットは『独裁者に対する恥ずべき朝貢行為』とコメントしている」とした。

独週刊誌デア・シュピーゲルは「ドイツ第1党であるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)連邦議会議員団の人権政策担当スポークスマンも激しい批判を展開しており『もし骨抜きな人物に賞が与えられるのであれば、ダイムラーの経営層はその耐え難い行為によって受賞するはずだ。ダイムラーは中国政府に謝るべきではなく、直ちにダライ・ラマやチベット人に謝罪すべきだ』と語った」と伝えている。

独公共放送・第1ドイツテレビは「謝罪事件では、中国で商売をする場合には中国政府の既定路線からちょっとでも外れれば拒絶されることが明らかになった。また、中国首脳部が世界においてますます情け容赦なく自らの価値観や政治理念を押し付けようとしていることも明らかになった」と評したという。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事