台湾、各国の地震支援に感謝=中国メディアは不満「中国に触れていない」

配信日時:2018年2月13日(火) 10時20分
台湾、各国の地震支援に感謝=中国メディアは不満
画像ID  957070
12日、人民日報海外版・海外網は、台湾東部地震で世界各国から支援が寄せられたことを受け、台湾当局が謝意を表明したことに対し「中国が対象に入っていない」と不満を露わにした。
2018年2月12日、人民日報海外版・海外網は、台湾東部地震で世界各国から支援が寄せられたことを受け、台湾当局が謝意を表明したことに対し「中国が対象に入っていない」と不満を露わにした。

台湾当局は11日に声明を発表し、日本や米国、韓国など63カ国・4つの国際組織に対し、支援への感謝の意を表明したが、中国は含まれていなかった。

台湾・中央社によると、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統事務所は10日、日本の安倍晋三首相に宛てて親書を送付。台湾の市民を代表して安倍首相と日本国民に「心からの感謝を伝えたい」と表明。「今回の出来事で日本と台湾が共通の友好と価値観を体現した」とした。蔡総統は今回の地震で、中国からの救助隊派遣養成を遠回しに拒否。「日本は地震災害において高い探査技術を持っている」として、例外的に日本の支援を受け入れた。

一方、台湾関係を担当する中国国務院台湾事務弁公室は、中国が赤十字や各省などさまざまなルートを通して地震の被災者に哀悼の意を表し、義援金は計2087万5000元(約3億6000万円)に達したと指摘。しかし、台湾側に中国への謝意がみられないことに「ののしられ、足蹴にされながらも台湾を助けているのは中国だけだ」と皮肉った。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2018/02/14 12:43)

    被災者・被災地に対する援助について書かれた過去の報道を2つ紹介します。共に2011年3月11日に日本で発生した地震に際してのものです。 (1)(中華人民共和国駐日本国の:引用者注)程大使は、「わが国が提供したミネラルウォーターなどの救援物資が28日に日本に到着後、日本側から『中国が救援物資を被災地まで輸送するよう』言われた」と明かし、困惑があったことを明らかにした。(中略)「物資を受け取った国が輸送を手配するのが国際的には一般的だ」と述べた。 (2)(破損した原発を冷やすためにポンプ車を供与してくれた三一重工の話:引用者注)日本では燃料不足なので、事前に通過地点のガソリンスタンドをチェックして給油ポイントを決め、必要な燃料を予め確保しておきました。52トンもある大型車両なので、橋の強度やトンネルの高さなども調べて、通過に支障がないことを確認してルートを決めました。 これが官民の違いです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちいく***** | (2018/02/14 10:26)

    お前ら中共も日本のODAに一度の謝意も表したことがないし国民に知らせたことすらない。 中共の恩着せがましい援助を報道しなかった台湾を支持します
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2018/02/13 11:06)

    中国は日本や米国に対して謝辞を述べる側だろうに。 どうして台湾からの謝辞を受ける側だと思ってるんだろう? やっぱり中国と台湾は別の国ってことで正しいのかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事