陸上60Mで6秒43!中国の蘇炳添がわずか3日で再びアジア記録を更新―中国メディア

Record China    2018年2月7日(水) 15時20分

拡大

7日、新浪が、ドイツのデュッセルドルフで行われた室内陸上競技の陸上男子60メートル競走で、中国の蘇炳添が6秒43のアジア記録で優勝したと伝えた。資料写真。

2018年2月7日、新浪体育によると、ドイツのデュッセルドルフで行われた室内陸上競技の陸上男子60メートル競走で中国の蘇炳添(スー・ビンティエン)が6秒43のアジア記録で優勝した。

蘇炳添は、3日前にカールスルーエで行われた世界室内陸上競技ツアー大会の陸上男子60メートル競走で6秒47の自己記録・アジア記録で優勝していたが、わずか3日で再び記録更新となった。6秒43は世界5位の記録になる。

試合後、蘇炳添は微博の自身のアカウントで、「6秒43には自分もびっくりした。思いもしなかったし、考えたこともなかった。これまで私の試合に付き添ってくれたチームに感謝している。引き続き困難を克服して突き進み、試合を楽しみながら走っていきたい」と投稿した。

記事は、「3月の世界室内陸上競技ツアー大会でもさらに良い成績を収めることに期待したい」と結んでいる。この話題は7日午前の時点で微博の検索キーワードランキングで1位になっており、多くの中国人ネットユーザーの注目を集めた。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携