台湾地震、コメディー風アニメで報じたメディアに批判殺到―米華字メディア

配信日時:2018年2月8日(木) 16時0分
台湾地震、コメディー風アニメで報じたメディアに批判殺到
画像ID  957032
8日、米華字メディア・多維新聞は、台湾東部で6日深夜に発生した地震について、台湾与党・民進党系メディアが「コメディー風のアニメーション動画で伝え、見た人から批判が殺到している」と伝えた。写真は被災地。
2018年2月8日、米華字メディア・多維新聞は、台湾東部で6日深夜に発生した地震について、台湾与党・民進党系メディアが「コメディー風のアニメーション動画で伝え、見た人から批判が殺到している」と伝えた。

問題となった動画は、地震でビルが揺れた過程をキングコング風の巨大な猿がビルを揺らす様子に例えたり、牛の着ぐるみを着た人を被害者に見立てるなど、一連のニュースをコメディー風に伝えたもの。

これに対し、見た人から「当事者の気持ちを考えたことがあるか?」、「これほど愚かな行為はない」、「春節(旧正月)直前の地震。家族や家をなくした人もいるのに、コメディーにするなんて」など批判の声が出たと記事は伝えている。(翻訳・編集/大宮)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事