韓国人が誤解している日本旅行の7つの常識―中国メディア

配信日時:2018年2月12日(月) 8時0分
韓国人が誤解している日本旅行の7つの常識―中国メディア
画像ID  957021
5日、中国メディアの環球網が、韓国のネット上で「韓国人が誤解している日本旅行での七つの常識」と題する動画が話題になっていると伝えた。資料写真。
2018年2月5日、中国メディアの環球網は、韓国のネット上で「韓国人が誤解している日本旅行での七つの常識」と題する動画が話題になっていると伝えた。

動画のアップ主は日本人と韓国人のハーフで、動画の中では韓国で伝わる「日本旅行へ行く際に知っておくべき七つのこと」を列挙し、実際には事実と違う「常識」となっていると指摘しているという。

その一つが「日本のコンビニ弁当は最高なので必ず食べなければならない」ことだ。しかしアップ主は「日本のコンビニ弁当は確かにおいしいけれど、最高ではない」と否定。むしろ「最高なのはスーパーの弁当で、クオリティーに差はないが、価格や新鮮さ、種類の面でスーパーが勝る。日本人もスーパーの弁当の方が好きだ」と説明している。

二つ目は「日本旅行に小銭は必須」であること。これについては「日本は韓国より小銭を使う機会が多いが、日本でも地下鉄やバス、タクシー、コンビニなどでICカードが使える」と伝えた。

三つ目は「温泉は東京都内や大阪市内で」という情報だ。しかしアップ主は「銭湯と勘違いしている韓国人が多い。銭湯は水道水なので、本物の温泉を楽しみたければ郊外の温泉へ行くべき」としている。

四つ目は言葉の問題で、多くの人は感謝する際に「ありがとうございます」を使うが、「道を教えてもらった時や落とし物を見つけてもらった時など、他人に助けてもらった時は、まず『すみません』といった方がいい」とした。

五つ目の「タトゥーがあると温泉に入れない」は、最近ではこの制限が撤廃されつつあるとし、六つ目の「こんにゃくゼリーは放射能に汚染されている」は事実ではないことが証明されていて、七つ目の「事前においしい店の情報をチェックすべき」は、「匠(たくみ)の文化が発達した日本ではよい店がたくさんあるので、自分で探したほうがいい」としている。

これに対し、韓国のネットユーザーからは「役に立つ情報だ」、「日本の店でICカードが使えるとは思わなかった」などのコメントが寄せられたと記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/14 02:56)

    所々違ってる。 東京は都心だが温泉も多いんだよね。 日本には温泉アプリなどが有るがチェックすると良いよ。 ただ銭湯も色々楽しめる。 感謝の時はありがとうがいいです。 知らない人に声を掛ける時にすみませんと言うだけ。 タトゥーでは無くて刺青お断りとは、ヤクザに入るなと言う意味です。 因みに大阪は、静かな銭湯はきっと8割がヤクザだらけです。 美味しい店のチェックは必要ないですよ。 日本では美味しくない店は即無くなります。 調べるのはその店の人気商品です。 人気のある物と人気の無い物はありますからね。 それと東京を見て総てを見たと思わない方が良い。 東京は日本の中でも全体的に土地が高いので総てがコンパクトだ。 日本の田舎の方が全体的に総てが規模がでかい。 トイレも東京は狭い。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 坂ノ上***** | (2018/03/04 18:48)

    誰か、街のほか弁屋さんの存在を教えてあげて (´・ω・`)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/02/12 09:35)

    4つ目は違うね^^助けてもらう時は「済みません・・・」・・・は要件で「駅はどこですか?、交番はどこですか?」そして、助けてもらった時は「ありがとう」で良い^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事