<コラム>平昌冬季五輪、「カーリングとは何か」を調べて再認識に至った中国文化の奥深さ

配信日時:2018年2月9日(金) 23時40分
平昌五輪、カーリングを調べて再認識に至った中国文化の奥深さ
画像ID  956822
平昌(ピョンチャン)冬季五輪が始まった。最初の競技は開会式前日の8日に行われたカーリング混合ダブルスだった。そんなニュースに接して、ふと思った。「カーリング」って、どういう意味なのだろう?写真は平昌五輪関連の広告。
▼「カーリング」ってどういう意味なのだろう?
平昌(ピョンチャン)冬季五輪が始まった。最初の競技は開会式前日の8日に行われたカーリング混合ダブルスだった。そんなニュースに接して、ふと思った。「カーリング」って、どういう意味なのだろう?

さらに思った。「そういえば、冬季五輪の種目ってカタカナ表記が多いなあ」――。そこで調べてみた。「驚いたことに」と言うべきか「予想通り」と言うべきか、ほぼすべてカタカナだった。少々長くなるが、ざっと列記してみよう。

スキー(アルペン、クロスカントリー、ジャンプ、ノルディック複合、フリースタイル、スノーボード)、スケート(スピードスケート、フィギュアスケート、ショートトラック)、バイアスロン、ボブスレー(ボブスレー、スケルトン)、リュージュ、カーリング、アイスホッケー。

夏季五輪種目名でも、カタカナ語が多いが、「男子陸上」「競歩」、「水泳」、「自由形」「平泳ぎ」のように意訳している語も「絶滅危惧」というほど少ないわけではない。冬季の場合は「ノルディック複合」の「複合」があるだけだ。

▼中国語の冬季五輪の競技種目名、全部意訳されていた
商売柄、こんな時には各種目を中国語で何と言うかが気になる。スキーは滑雪(ホアシュエ)、スケートは滑氷(ホアビン)であることぐらいは中国語の初級知識として知っているが、「ではボブスレーは何と言う?」と聞かれると即答できない。

以下の通りだった。

滑雪(高山滑雪、越野滑雪、跳台滑雪、北欧式滑雪、自由式滑雪、単板滑雪)、滑氷(速度滑氷、花様滑氷、短道速滑)、冬季両項、有舵雪橇(有舵雪橇、俯式冰橇)、無舵雪橇、氷壺、氷球。

予想通り、すべて意訳だ。単純に意訳したのではない場合もある。例えば、スキーのアルペンを「高山滑雪(ガオシャン・ホアシュエ)」としていることだ。固有名詞である地名などは意訳が難しいので、「起源は高い山から滑り降りるスキー」ということで意訳したのだろう。

ちなみに、中国では地名も意訳されている場合がある。太平洋のミッドウェーは「中途島(ジョントゥダオ)」と言う。

▼単純な意訳だけではない、「新発想」の造語も多い
本稿の冒頭で取り上げたカーリングに相当する中国語は「冰壺(ビンホー)」だ。実は、「カーリング」の語源については少々難しい。ご存じのように、氷上に石(ストーン)を滑らせ、その前方をブラシで「掃き清める」ようにしてストーンの軌道を微調整する。ストーンが微妙に曲がって進む、つまり「カール」するので「カーリング」の名がついたとされる。つまり、語源としては巻き髪の「カール」と共通している。

中国語では、ストーンをその形から「壺」に見立てて、「氷上で壺を用いて行う競技」の意を込めたようだ。ちなみに、中国語では同競技で用いるストーンを「石壺(シーフー)」と呼ぶ。

アイスホッケーを「氷球(ビンチウ)」と呼ぶのは、球技の名称を「●●球」とするパターンによるものだ。日本でもサッカーには「蹴球」、バスケットボールには「籠球」などと多くの球技に和名がつけられているが、野球などを除いて実際に使われることはほとんどなくなった。中国では「足球(ズーチウ=サッカー)」「籠球(ランチウ=バスケットボール)」などと、現在でも「●●球」の語が使われている。

中国語の競技種目名を見ると競技の本質を分かりやすく示そうとする努力を感じる。例えばボブスレーの「有舵雪橇(ヨウドゥオ・シュエチャオ)」とリュージュの「無舵雪橇(ウードゥオ・シュエチャオ)」だ。双方とも「橇(そり)」ではあるが、ボブスレーには操縦のためのハンドルがあり、リュージュにはないことを表現した。

▼日本は近代化の過程で言葉における「匠の技」を発揮した
このあたりで、日本語の近代史を考えてみよう。幕末から明治にかけて、西洋から膨大な量の事物や概念を導入せねばならなかった。そこでわれわれの先人は、さまざまな発想で西洋語の日本語訳に取り組んだ。全くの造語もあれば、中国の古典に使われている語に新しい意味を持たせた場合もある。物理、経済、人民、思想などすべてそうだ。「●●主義」や「●●化」のような、造語のパターンも工夫した。

近代化が始まるとほぼ同時に、自国語により学術研究や学校教育を始める例は、アジア・アフリカ諸国では珍しいと聞いたことがある。

日本よりも遅れて近代化が本格的に始まった中国は、「和製訳語」を大いに利用した。現在も多くの語を使い続けている。「中華人民共和国」の国名も、「人民」「共和国」の部分は古い中国語に日本人が西洋伝来の意味を与えたものだ。

中国でもこのあたりの事情は認識されており「歴史における古い時代、日本は文化面で中国から大きな恩恵を受けた。近代になると、中国は文化面で日本から大きな恩恵を受けた」と紹介される場合がある。幕末から明治における訳語づくりで日本はまさに、言葉における「匠の技」を発揮したと言ってよい。

▼安直な姿勢でカタカナ語を多用、日本語の将来は大丈夫か
ところが最近は、状況が大いに変わってしまった。日本語では外国語、多くは英語の単語を発音の近いカタカナで書いて、「それでよし」としてしまうことが急増した。

しかも、それまでなかった事物や概念ならカタカナ語の使用もやむをえない面もあろうが、すでに日本語として確立している語もカタカナ語に置き換えることが増えた。私は、「概念」を「コンセプト」、「相乗効果」を「シナジー」と言い換えねばならない理由が分からない。

一方で中国人は、「自国語表記には基本的に漢字しか使えない」という事情もあるが、訳語づくり作業を営々と続けている。膨大な労力も必要だし、複数の訳語が登場して混乱する場合もあるようだ。ただ、訳語づくりの作業では、導入したい外国の概念の原義をしっかりと考え、自国語についても改めて考察することになる。

▼諸般の事情があるとはいえ、中国における造語の努力には敬意を持ちたい
「すでに出来上がっている語」を音にもとづいて安直に導入する言語と、外国語と自国語を綿密に比較する作業を続けた言語とでは、長い時間が経過すればどちらが豊かな言語世界を構築できるかは自明の理であるように思えるのだが、どうだろう。

スポーツ競技に限らず、国際的な話題が中国語でどう表現されているかを調べてみれば、言語面における中国人の取り組みがよく分かるものだ。いずれにせよ、彼らは「新たな時代に適応できる自国語づくり」の努力を続けている。このあたりの中国文化の奥深さは、「リスペクトすべき」と考えている。いや、本稿主旨から言って、この表現は避けるべきだ。「敬意を持つべきだ」と訂正しておこう。

■筆者プロフィール:如月隼人
日本では数学とその他の科学分野を勉強したが、何を考えたか北京に留学して民族音楽理論を専攻。日本に戻ってからは食べるために編集記者を稼業とするようになり、ついのめりこむ。「中国の空気」を読者の皆様に感じていただきたいとの想いで、「爆発」、「それっ」などのシリーズ記事を執筆。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事