日本の国産戦闘機開発は前途多難―米メディア

配信日時:2018年2月8日(木) 1時0分
日本の国産戦闘機開発は前途多難―米メディア
画像ID  956757
6日、米軍事専門紙ディフェンス・ニュースは、日本と韓国の国産戦闘機開発について「見通しは厳しく実現は難しい」と伝えた。資料写真。
2018年2月6日、米軍事専門紙ディフェンス・ニュースは、日本と韓国の国産戦闘機開発について「見通しは厳しく実現は難しい」と伝えた。参考消息網が報じた。

日本と韓国は現在、米ロッキード・マーチンが開発した戦闘機「F-35A」を購入しているが、国産戦闘機の開発計画も進めている。日本初の国産戦闘機「F-3」は、2030年の完成を目指している。しかし、計画の一部がすでに遅れていると発表された。また、日本政府は昨年末、国産のステルス戦闘機開発に向け、三菱重工業などが製造したステルス実証機「X2」の試験飛行を3月に終了すると発表した。

記事は、「しかし、日本の研究者は国産戦闘機開発の夢をあきらめてはいない。F-3計画の先行きは不透明だが、11年に航空自衛隊に納入されたF-2の次世代機の開発を進めたいと渇望している。米国産のF-35Aの購入は日本の研究者を失望させている」などとした。

さらに、「1970年代以降、日本は国内に独立した国防開発拠点を設けたいと考えており、米国産戦闘機への部品納入で、国内軍事産業の開発能力を維持し、技術を高めたい欲求があるからだ」とし、「日本を取り巻く安全保障環境の変化で、日本は軍事関連開発を加速させる必要もある」と指摘しているという。(翻訳・編集/大宮)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/02/09 14:02)

    そんなもん要らんから、弾道弾を撃ち落とせるレールガン防衛システムを早急に開発しなさいよ。 理論値のみの話ではあるが、レールガンは「光速」の近似値まで弾速を高められるそうだ。 実際は様々な要素でそこまで出せないとしても、従来の実弾兵器よりは格段に弾速が速い。故にレールガンの技術を確立しさえすれば、戦闘機に対する圧倒的な対空兵器としても使えるだろうに。 小型化して従来の戦闘機に搭載できれば、偏差射撃も殆ど必要なくなってミサイルも無用になるかもしれないしね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事