Record China

ヘッドライン:

携帯電話を便器に落とした男性、拾おうと手を突っ込んで抜けなくなる―中国

配信日時:2018年2月6日(火) 8時50分
拡大
5日、広西新聞網は、トイレで落としたスマホを取ろうと男性が便器に手を突っ込んだところ抜けなくなり、消防隊に救助されるアクシデントがあったと報じた。資料写真。

2018年2月5日、広西新聞網によると、広西チワン族自治区柳州のレストランのトイレで、便器に落としたスマートフォンを取ろうとした男性の腕が抜けなくなり、消防隊に救助される騒動があった。

3日午後7時ごろ(現地時間)、トイレに入った男性客がスマートフォンをうっかりを便器内に落とした。男性は手を便器の中に突っ込んで取ろうとしたが、なんと腕がはまって抜けなくなってしまったという。

通報を受けた警官と消防隊員が現場に駆け付けると、男性は右の肘関節が便器に挟まっている状態。腕には擦り傷もあり、そのまま引き抜くのは不可能と判断した隊員らは、便器を破壊することに。工具を使って周囲のタイルを剥がし、外側から排水口を切り開いて空間を作ると、男性の手はゆっくりと抜けていった。医師の診断によると、男性の腕は出血と腫れが見られるものの、幸い骨や関節は傷めていなかったという。

男性は当時の状況について、「自分のおごりで友人と食事をしていて、気分が良くてたくさん酒を飲んだ。トイレに行った時にかかってきた電話に出ようとしたら、うっかり便器に落としてしまった。買ったばかりのiPhone 8だったので諦められず、しゃがんで中をのぞいたらスマホが見えたので、手を伸ばして取ろうとした。そうしたらスマホはどんどん深くに落ちていき、力いっぱい手を伸ばしても届かなかったので諦めた。だけど、手を戻そうとしたら、挟まって動けなくなっていた」と語っている。

電話で助けを求められず、恥ずかしくて大声も出せなかった男性は、清掃員に発見されるまで約30分間便器にはまり続けていたとのこと。無事救出された男性を待ち受けていたのは、壊された便器の賠償をめぐるレストラン責任者との話し合いだった。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング