【募集中】韓国語社内スタッフ

最も美しい華人女性の「ミス国際中華」コンテスト、名門大学の22歳女子大生がグランプリ―香港

配信日時:2018年2月4日(日) 19時30分
「ミス国際中華」コンテスト、名門大学の22歳女子大生がグランプリ
画像ID  955548
3日、世界各地に暮らす華人女性を対象にした「ミス国際中華」コンテストで、米テキサス州出身の李思佳さんがグランプリに輝いた。
2018年2月3日、世界各地に暮らす華人女性を対象にした「ミス国際中華」コンテストで、米テキサス州出身の李思佳(ローズ・リー)さんがグランプリに輝いた。香港01が伝えた。

その他の写真

「ミス国際中華」は、世界各地で暮らす華人女性がグランプリを競うもので、中華圏最大級のミスコン「ミス香港」と同じく、香港最大手のテレビ局・無線電視(TVB)が主催し1988年にスタートした。前年に選ばれた「ミス香港」優勝者が、自動的に香港代表として出場することでも知られる。

ファイナリスト16人が戦った今年の決勝戦でグランプリに選ばれたのは、米テキサス州出身で22歳の李思佳さんだった。世界の主要大学ランキングで常に上位に登場する名門校、ニューヨーク大学に在学中の才媛で、15年には第58回「ミス・チャイナタウン」でも優勝している。

準グランプリには、米ロサンゼルス出身で19歳の劉思延(アンジェラ・リウ)さんが選ばれた。なお、昨年「ミス香港」グランプリを獲得しながら、受賞当時は「史上最悪のグランプリ」「ロナウジーニョ似」などと話題になった雷莊兒(ジュリエット・ルイ)さんは、優勝は逃したものの第3位に選ばれる健闘ぶりを見せている。(翻訳・編集/Mathilda
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事