日本の漫画の不正翻訳で「漢化組」メンバーなど中国人逮捕、大使館が注意喚起―中国メディア

配信日時:2018年2月2日(金) 11時50分
日本の漫画の不正翻訳で中国人5人逮捕、中国大使館が注意喚起
画像ID  954888
1日、中国人の男女5人が著作権法違反の疑いで日本の警察に逮捕された問題をめぐり、中国大使館が在日中国人に向けて同法順守を呼び掛ける通知を出した。資料写真。
2018年2月1日、留学生を含む中国人の男女5人が著作権法違反の疑いで日本の警察に逮捕された問題をめぐり、中国大使館が在日中国人に向けて同法順守を呼び掛ける通知を出した。環球網が2日付で伝えた。

5人は日本の漫画やゲームを無断で中国語に翻訳し、ネット上に公開したなどとされており、作品の違法翻訳などを行うグループ「漢化組」のメンバーも含まれていると報じられた。この問題について中国大使館は「無断で作品を翻訳、公開するような行為は営利目的でなくても日本の著作権法に触れる恐れがある」と指摘。日本の法律を理解、順守し、法的トラブルに巻き込まれることを防ぐよう注意を促している。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事