Record China

ヘッドライン:

東京には4000人のネットカフェ難民との報道に、中国ネットは「中国も同じ」の声

配信日時:2018年2月2日(金) 13時20分
拡大
2018年1月31日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、東京には4000人のネットカフェ難民がいると伝える投稿があった。

投稿者は、日本経済新聞の報道を引用。東京都が初めて行った調査で、住居が無くインターネットカフェなどに泊まる「ネットカフェ難民」が東京では1日当たり約4000人になることが分かったと紹介した。

この調査によると、年代別では30代(38.5%)と50代(27.9%)が特に多く、労働形態別にみると、パート・アルバイトが38.1%、派遣労働者が33.2%、契約社員が4.5%で、不安定な働き方をしている人が7割を超えていた。投稿者は「中国の三和大神といい勝負だ」としている。

「三和大神」とは、故郷の親族とのつながりを断絶し、ネットカフェに泊まり続け、日雇いの仕事をしてはオンラインゲームに没頭する自堕落な生活を送る若者を指す言葉。「三和」は深セン市にある「三和人力市場」のことだ。

これに対し、中国のネットユーザーから「まさに三和大神と同じじゃないか。人類発展の必然的な規律なんだな」「日本にも三和大神がいるのか」「中国でもこれから増えていくだろう」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本のネットカフェは中国と全然違う!中国ネットで話題に=「こんな環境では意味がない」「中国でこの種のネットカフェを開いたら大変なことになる」

15日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本のネットカフェについて紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国のネットカフェ。

Record China
2016年12月16日 9時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング