無印良品の「尖閣ない地図」を当局が問題視、会社側「すでに修正」―中国

配信日時:2018年1月31日(水) 10時20分
無印良品の「尖閣ない地図」を当局が問題視、会社側「すでに修正」
画像ID  953795
30日、澎湃新聞によると、中国当局からカタログ上の地図の不備を指摘された問題について、無印良品側が「すでに修正を行っている」とのコメントを出した。写真は無印良品の看板。
2018年1月30日、澎湃新聞によると、中国当局からカタログ上の地図の不備を指摘された問題について、無印良品側が「すでに修正を行っている」とのコメントを出した。

中国国家測量地理情報局はこのほど、国内で発行されている地図のうち「問題がある」ケース8件を指摘した。この中に、無印良品のカタログに掲載された地図も含まれており、当局は「釣魚島(日本名:尖閣諸島)など重要な島しょの記載漏れ」「台湾に関する誤記」などがあったとして問題視。「地図管理条例」違反に当たるとして、廃棄処分および再発防止を命じた。

問題のカタログは重慶市での調査で見つかったもの。澎湃新聞は30日に無印良品(上海)商業有限公司に取材し、「(当局から指摘を受けたという)報道内容は事実」との回答を得た。「昨年10月下旬に重慶の店舗に当局から問題を指摘する連絡が入り、上海本部はただちに対応。要求に基づき改善を行った」という。(翻訳・編集/野谷

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事