日本はなぜ誰も張本智和に勝てないのか―中国メディア

配信日時:2018年1月31日(水) 22時0分
日本はなぜ誰も張本智和に勝てないのか
画像ID  953659
30日、中国の卓球専門誌に、張本智和はなぜ日本で無敵なのか分析する記事が掲載された。資料写真。
2018年1月30日、新浪によると、中国の卓球専門誌に「張本智和はなぜ日本で無敵なのか」という分析記事が掲載された。七つの視点から分析している。

1:全日本選手権で水谷隼が敗北した原因はどこにあったのか。「張本の打球点の速さとフォア、バックの速い両ハンド攻撃のほか、台に張り付く攻撃スタイルにあり、攻撃内容でも水谷を圧倒した」としている。

2:張本は中国の林高遠(リン・ガオユエン)と似ているとの見方がある。「2人とも台から下がらないプレースタイルで、女子選手の戦い方にも似ているが、打球の絶対的なクオリティーは林高遠の方が高い」と評している。

3:「張本は高速」とされるが、その速さはどのレベルにあるのか。「スピードは天性のものに加えて、練習のたまもの。張本はテクニックも中国を基準にしても総合的に優れている」「目立つウイークポイントもない」とし、とりわけバックハンドを高く評価している。

4:水谷と10戦したら何勝できるだろうか。「精神的な要素を除けば、10戦10勝する可能性が高い」としている。水谷はプレースタイルが確立されており、年齢からいってもこれ以上の伸びしろは期待できないという。

5:樊振東(ファン・ジェンドン)と比べるとどうか。中国次世代エースとされる21歳の樊は怪物級の身体的潜在力で、技術に優れ高速と言われる張本にも力を発揮させず、圧倒すると分析している。

6:中国の若手選手との比較ではどうか。張本と近い存在では17歳の王楚欽(ワン・チュウチン)がいる。タイプとしては樊振東に近く、優れた身体的潜在力を持っているが、技術的な面では張本に及ばないという。

7:張本に弱点はないのか。「現時点では、技術的な面では弱点と言えるものはなく、今後もさらなる伸びしろが期待できる。一方、精神的な面ではまだまだトップレベルには見劣りする。中国のトップ選手が表情を見せずに戦っているのに対し、張本はたびたび『チョレイ』と雄たけびを上げるなどしている」としている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2018/02/01 13:54)

    張本智和選手の発する「チョレイ」に対して日本では張本勲さん(かつてテレビ番組の中で,自己の主張に異を唱えた評論家を批判し,その評論家の同番組への出演を阻止しようとした人です)が批判の言葉を挙げていますが,「張本はたびたび『チョレイ』と雄たけびを上げるなどしている」という記述は元の記事「新浪」にはありませんよ。翻訳・編集の岡田さん,あなたは張本智和選手に対して何か偏見でもあるのでしょうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/01/31 23:00)

    中国だって勝てないと言っている様な・・・^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事