Record China

ヘッドライン:

初めての日本、これらの「小さなこと」を決して軽んじてはいけない―中国メディア

配信日時:2018年2月1日(木) 22時30分
拡大
28日、中国の自メディア・日本旅行攻略は、「初めて行く日本で、絶対に疎(おろそ)かにしていはいけない小さいこと」と題した記事を掲載した。写真は浅草。

2018年1月28日、中国の自メディア(新興メディア)・日本旅行攻略は、「初めて行く日本で、絶対に疎(おろそ)かにしていはいけない小さいこと」と題した記事を掲載した。

記事は「日本は今や中国人にとって海外旅行の人気スポットになっている。中国と同じ文化圏に属し、似ている部分が多いが、実際には異なる部分が多い」としたうえで、中国人が日本で気をつけるべき習慣やマナーなどの特徴を9点挙げている。以下はその概要だ。

1.中国人同様「4」の数字を忌み嫌う

日本語でも「四」と「死」は発音が近いため、「4」は不吉な数字とみなされている。日本の友達に土産を持参する場合は、4個のものを避けるべき。

2.公共の場所で鼻をかまない

体裁と礼儀を重んじる日本では、特に公共の場で鼻をかむことは相手に不快な印象を与える。トイレに行ったり、隠れたりして鼻をかむこと。

3.チップは不要

むしろ相手に恥を欠かせる行為ととらえられる。仮にあげても、返すために追いかけてくる。

4.物を食べながら歩かない

欧米や中国では一般的なこの行為も、日本では極めて失礼な行為になる。また多くの場合、公共の場や電車内で物を食べるのもタブーとみなされる。

5.日本の駅には「押す人」がいる

ピーク時に乗客全員が安全に電車に乗れるよう、ホームから押し込む係員がいる。

6.スリッパに履き替える

入口にスリッパが並んでいる場所は、どこであっても履き替える必要がある。トイレにはトイレ専用のスリッパが用意されている。

7.友達の家に招かれたときには土産を持っていく

ポピュラーなのは地元の特産品。可能な限り、土産はきれいに包装してある方が良い。なお、自分が贈り物を受け取る時には、当人の前で開けないようにすること。

8.みんなで酒を飲む時は手酌をしないこと

自分が誰かにお酌をすれば、誰かが自分にお酌をしてくれる。

9.麺料理を食べる時には音を出すのがマナー

それが「おいしい」という気持ちを示す動作なのである。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング