河野外相の訪中、成果は「3分の1」―米メディア

配信日時:2018年1月30日(火) 11時50分
河野外相の訪中、成果は「3分の1」―米メディア
画像ID  953264
29日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、河野太郎外相の訪中で得られた収穫と、浮き彫りになった課題について伝えた。
2018年1月29日、米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の中国語版サイトは、河野太郎外相の訪中で得られた収穫と、浮き彫りになった課題について伝えた。

河野外相は28日に北京で王毅(ワン・イー)外相、楊潔●(ヤン・ジエチー、●は竹かんむりに褫のつくり)国務委員、李克強(リー・カーチアン)首相と相次いで会談し、29日午前に帰国した。

28日の王外相との会談では、双方は春に李首相が訪日し、東京での日中韓首脳会談を開催することで同意し、具体的な日程調整に入った。また、日中社会保障協定締結に向けた前向きな姿勢と、日中韓自由貿易協定の早期締結など経済関係の強化が確認された。民間交流の促進でも意見が一致し、植樹交流、青少年交流、文化・スポーツ交流を柱とする日本の『三つの架け橋計画』に対し、王外相が歓迎を示した。王外相はまた、安倍首相が近ごろ日中関係の改善を再三表明していることを称賛。この他、楊国務委員、李首相との会談でも、中国の関係改善の意向とともに、中国が李首相の訪日に積極的に応じており、記事はこれらを成果とした。

一方で、「今月11日に中国の原子力潜水艦が尖閣諸島付近海域を航行したことに対する河野外相の抗議に対し、王外相は尖閣諸島が中国領であることを強調。さらに、日本に対して一つの中国の原則を守ること、歴史問題としっかり向き合うことを求めた。北朝鮮問題では河野外相が引き続き強い圧力の必要性を示したものの、王外相は賛同しなかった。河野首相はまた、中国で逮捕された日本人の透明かつ公正な処理を改めて求めたが、双方の溝は埋まらなかった」とし、収穫の一方で多くの課題も残ったと指摘している。

記事は「安倍晋三首相と習近平(シー・ジンピン)国家主席の相互訪問の提案に対して中国側が回答しなかったことは、中国が引き続き安倍首相を強く警戒していることの表れ」とする日本の各大手メディアの見立てを紹介。「河野外相の訪中から得られたのは、中国が引き続き対日関係の改善を目指しているという情報だが、訪中の成果自体は3分の1程度といったところ」と評している。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事