Record China

ヘッドライン:

25歳女性が不妊症に、原因は「ウエディングドレス」との診断―中国

配信日時:2018年2月1日(木) 1時20分
拡大
Mさんは25歳の女性だ。夫婦共に子どもがほしいと望んでいたが妊娠しない。そこで病院で検査を受けた。Mさんは排卵をしていなかった。いわゆる不妊症だ。医師は、そもそもの原因は「ウエディングドレス」だったと診断した。資料写真。

Mさんは25歳の女性だ。結婚したのは2017年7月。夫婦共に早く子どもがほしいと望んでいた。ところが妊娠しない。そこで黒龍江省のハルビン市中医医院(病院)に足を運んで検査を受けた。ショッキングな結果だった。Mさんは排卵していないことが分かった。いわゆる不妊症の一種だ。そもそもの原因は結婚式の「ウエディングドレス」だったとの診断だった。中国メディアの新浪網が29日付で報じた。

結婚式に先立つ17年4月、Mさんはすばらしいウエディングドレスを見つけた。どうしても着用したいと思った。しかし当時のMさんの体重は約70キログラム。Mさんの体型で、そのウエディングドレスの着用は難しかった。

しかし、どうしても着用したい。結婚式という晴れの日には、一生で一番美しい姿を披露したい。そこでMさんは苛酷なダイエットに取り組んだ。1日に1食だけ。空腹に耐えられない時は、水を飲むかリンゴを少々かじるだけで我慢した。結婚式の7月までの約3カ月で約20キログラムの減量に成功。憧れのウエディングドレスを着用できた。念願がかなった。

Mさんも夫も早く子どもがほしいと望んでいた。しかし、なかなか妊娠しない。そこで今年1月になり、ハルビン市中医医院(病院)に足を運んで検査を受けた。医師からは、ショッキングな結果を告げられた。Mさんは全く排卵していなかった。

Mさんにとって想定外だった。それまで生理不順などはなく、経血が以前よりやや少ないと感じる程度だったという。医師は、ウエディングドレスを着用するために無理なダイエットをしたためと診断した。

医師は、ダイエットは正常な運動による健康的な環境で実施すべきと説明。薬物を使ったり食事の量を切り詰めると気血(中国伝統医学の概念。体内を循環する生命力の源)の不足や栄養不良、内分泌の失調などをもたらすと指摘した。妊娠・出産を控える年齢の女性は、健康への影響を避けるために過度のダイエットをすべきでないという。

Mさんは中医(中国伝統医学)を利用して、体質を改めて改善することに取り組み始めた。(翻訳・編集/如月隼人

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国社会に広がる「ケモフォビア」、生理用品の次はヨガマットから有害物質=韓国ネット「製品も食品も人も信じられない」「政府は何をしている?」

30日、韓国産の卵、鶏肉、生理用品などから人体に有害な化学物質が検出され、韓国社会に「ケモフォビア(化学物質恐怖症)」が広がる中、ヨガマットからも有害物質が検出されたことが分かった。写真はソウル。

Record China
2017年8月31日 5時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング