「裸で入浴ルール」を破った日本、それには心温まる理由があった―中国ネット

配信日時:2018年1月29日(月) 14時20分
「裸で入浴ルール」を破った日本、それには心温まる理由があった
画像ID  952804
27日、日本の公衆浴場での入浴マナーをめぐり、中国のネット上に「裸というルールを破った日本人、それにはこんな心温まる理由があった」と題する文章が掲載された。資料写真。
2018年1月27日、日本の公衆浴場での入浴マナーをめぐり、中国のネット上に「裸というルールを破った日本人、それにはこんな心温まる理由があった」と題する文章が掲載された。

文章が取り上げたのは、乳がんなど手術の傷跡を他の人の目に触れないようにできる入浴着の存在だ。着用したまま浴槽に入ることができるカバーで、「日本で温泉に入る時は体をよく洗って裸で入浴するのが基本マナーと考えられていると思うが、体に手術の傷跡を持つ人、特に乳がんで乳房を切除した女性にとって温泉は勇気がいること」と説明。その上で、三重県が発表した入浴着着用への理解を求めるポスターが、日本のネット上で話題になったことを紹介し、日本人の間でも入浴着がこれまであまり知られていなかったことや、入浴着について多くの乳がん経験者や家族からコメントが寄せられたことを伝えている。

文章は、入浴着を開発した会社の社長自身も乳がんを患ったことがあることを紹介し、同社の約20年間にわたる努力が日本の「入浴ルール」を変えたと指摘した。最後は「時にはちょっとした融通をきかせることで、この世界はより温かいものとなる」という言葉で結ばれている。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事