高速鉄道は日本で始まり、欧州で発展、そして中国で…―中国メディア

配信日時:2018年3月10日(土) 5時0分
高速鉄道は日本で始まり、欧州で発展、そして中国で…―中国メディア
画像ID  952584
8日、人民網は、今や中国の「名刺」となった中国高速鉄道が、世界の高速鉄道の新時代をリードすると主張する記事を掲載した。写真は高速鉄道。
2018年3月8日、人民網は、今や中国の「名刺」となった中国高速鉄道が、世界の高速鉄道の新時代をリードすると主張する記事を掲載した。

記事はまず、「高速鉄道は日本で始まり、欧州が発展させ、中国が局面を大きく変えた」とした上で、中国高速鉄道の発展ぶりを紹介。「世界最長の営業距離を持つ北京−上海高速鉄道や、自前の知財権保有率が84%という『復興号』などは、いずれも高速鉄道分野における中国のリーダー的地位を示している」と伝えた。

そして、世界最高時速350キロで走る「復興号」について「中国の国情や鉄道状況に合わせて設計されたもので、1000項目あまりの発明特許から構成されている。列車の走行抵抗、車内騒音などが大幅に軽減されており、環境保護性能も良好だ。乗り心地がいいほかにWi-Fi通信や電源コンセントといったうれしい設備も実現された」と紹介している。

その上で「ドイツ、フランス、日本などの先進国の高速鉄道を、中国の高速鉄道はすでに全面的に超越している。わが国の設計者は今後さらに前例のないスマート高速鉄道列車を造り上げ、自動運転を実現することだろう。ラオス、インドネシア、タイの高速鉄道プロジェクトも続々と着工している。わが国の高速鉄道技術はその技術や安全性、コストの低さによって、世界における高速鉄道のピラミッドの頂点に君臨しているのだ」と主張した。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/03/12 10:45)

    >>自前の知財権保有率が84% そこに核心技術はどれだけ含まれてるんだろうか? 中国はこれから発展していく国だ。それは間違いないのだが、高速鉄道に於いては、世界中の先進国から集めてきた技術の集大成という存在だ。中国独自の技術も含まれてはいるのかも知れないが、欧州や日本の高速鉄道の技術を礎にしているのは間違いのない事実でもある。 まあ、とかく「大国意識」なんてものは謙虚さが皆無なものだが、現実を見据えて常に上を目指す意識が無ければ、技術はあっという間に衰退していく。 悲しいことにそれは日本も例外ではなく、技術者を使い捨てている日本の政財界の現状を鑑みれば、このままでは技術立国として立ち行かなくなる日もそう遠くはないだろう。 ましてやメンツのために事故車両を埋める中国などどうなる事か。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2018/03/12 10:40)

    >自前の知財権保有率が84% 復興号に関する記事で、完全に自前だと豪語していたのを見たような気がするが、あれこれ確認するうちに率が下がったのかな?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Jac***** | (2018/03/11 18:38)

    高速鉄道は日本で始まり、欧州で発展、そして中国で埋められた
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事