中国が時速600キロの超高速リニア開発へ、北京・上海間が2時間20分に短縮―香港紙

配信日時:2018年1月29日(月) 8時20分
中国が超高速リニア開発へ、北京・上海間が2時間20分に短縮
画像ID  952504
26日、香港経済日報によると、中国が開発を進めている時速600キロの超高速リニアモーターカーの技術計画がこのほど、専門家による審査を通過した。完成すれば北京・上海間が2時間20分で結ばれることになる。写真はリニアモーターカー。
2018年1月26日、香港経済日報によると、中国が開発を進めている時速600キロの超高速リニアモーターカーの技術計画がこのほど、専門家による審査を通過した。完成すれば北京・上海間が2時間20分で結ばれることになる。参考消息網が伝えた。

開発主体の中国鉄道車両製造大手・中国中車青島四方機車車輌は、20年までにリニアを時速600キロまで高速化させる計画だ。試験運転路線(約5キロ)を建設し、開発を加速させる。北京・上海間が所要時間2時間20分になれば、現在の高速鉄道(5.8時間)を大幅に上回り、飛行機(1.5〜2時間)に迫る速さになる。

中国当局は、超高速リニアを通勤列車や長距離列車にも導入したい考え。一方、ライバルである日本は時速603キロ、ドイツは同505キロの試験運転に成功している。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/05 03:12)

    中国よ、物事は経験の積み重ねなんです。 日本がしているから日本を抜かすそんな事にお金をかけないで、中国内の格差を無くす事にお金を掛けた方がいいのでは、日本と違い中国は広いのだから、総てを纏めた都市を新しく作った方が早いではないか。 鉄道にしても日本のほうが経験があるから次のことをするのであってまだ未熟なことに挑みすぎると利益は生まれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/02/04 01:30)

    中国に限らずリニアってかなりの大電力食うらしいんだが、商業化したとして、果たしてペイするんだろうか? そういう電気バカ食いする交通システムを作った上で、電力が足りないから「原発必須ですわ」とか言うなら、そんなもんは要らんと思うけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はせも***** | (2018/01/30 09:14)

    煽りはともかくほっとくとして。 中国くらいの規模なら、この距離なら航空機じゃないの?と思うんだが。 あきらかにコストに見合わないと思うが、ようは海外輸出のための『実用試験』なんだろうな。 正直これだけの規模の試験線を手軽に引けてしまうあたりが、韓国あたりが全く相手にならない『中国という脅威』なんでしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事