中国国産スパコン「天河1号」のユーザーが1600社に―中国メディア

配信日時:2018年1月30日(火) 23時0分
中国国産スパコン「天河1号」のユーザーが1600社に
画像ID  952991
2017年末現在、国家スーパーコンピューター天津センターに置かれた中国初のペタFLOPS級スーパーコンピューター「天河1号」は、毎日1400件を超えるオンライン業務をこなし、サービスを提供するユーザー企業は1600社を超えたという。写真は天河1号。
2017年末現在、国家スーパーコンピューター天津センターに置かれた中国初のペタFLOPS級スーパーコンピューター「天河1号」は、毎日1400件を超えるオンライン業務をこなし、サービスを提供するユーザー企業は1600社を超えたという。天津市人民代表大会の代表を務める同センターの張●(ジャン・ティン、●は女へんに亭)・応用研究開発エンジニアが、天津市第17次人民代表大会第1回会議での取材に答える中で明らかにした。新華社が伝えた。

「天河1号」は漫画アニメ産業、ネットバンキング、ビッグデータなどの分野で幅広く応用されるだけでなく、天津浜海新区電子政府クラウドセンターの構築任務も担当する。張エンジニアは、「クラウドセンターは2012年に稼働が始まってからこれまで、新区の27の委員会・弁公室・局の61の業務システムに電子政府のクラウドサービスを提供した」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事