Record China

ヘッドライン:

中国人観光客、飛行機のトイレでたばこを吸い罰金―マレーシア

配信日時:2018年1月28日(日) 22時10分
拡大
2018年1月26日、マレーシア紙・星洲日報によると、マレーシアで今月中旬、クアラルンプール発サバ州タワウ行きのエアアジア5746便の機内で、中国人観光客の男性がトイレでタバコを吸い、6000リンギ(約17万円)の罰金刑を科された。中国新聞網が伝えた。

男性は雲南省出身の41歳。今月16日午後1時ごろ、エアアジア機のトイレでタバコを吸い、ほかの乗客の安全を脅かした疑い。マレーシアの民航法によると、機内での喫煙は最高2万5000リンギ(約70万4400円)の罰金か1年以下の懲役刑を科される。

男性の弁護士は「男性は海外旅行が初めてで、機内でタバコを吸ってはならないと知らなかった。また、中国語による禁煙についての機内放送もなかった」と主張しているという。(翻訳・編集/大宮)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<中国人観光客が見た日本>日本人はやっぱり優しい、寒い冬の北国でも心は温まる

ホテルの向かいにある焼き鳥店に行くつもりだったが、みなあまりに空腹なことから焼き鳥では物足りなさそうだったので、北海道で人気のラーメンを食べに行くことにした。そうして最初の食事は、札幌駅にほど近い「味の時計台」へ食べに行くことになった。

Record China
2018年1月4日 7時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング