Record China

ヘッドライン:

「虎の威を借る狐」日・韓・印3国に一撃を!米の主導で中国包囲網を結成―香港紙

配信日時:2011年11月24日(木) 1時57分
拡大
22日、香港紙・東方日報は、米国の号令によって日本、インド、韓国などの国が突然、中国に対する包囲網を形成したと分析するコラムを掲載した。写真は海南省三亜市の漁港。
(1/4枚)

2011年11月22日、香港紙・東方日報は、米国の号令によって日本、インド、韓国などの国が突然、中国に対する包囲網を形成したと分析するコラムを掲載した。以下はその内容。

その他の写真

11月16日、17日の2日間にわたり、韓国海上警察は領海内で不法操業している中国漁船26隻を拿捕した。中韓はいまだに黄海の境界線を確定させていないため、中国漁船は本当に不法操業だったのか、疑問も残る。

日本は北海道の部隊を九州に移動させる大規模演習を敢行。仮想敵は中国だと明言している。さらにフィリピンと安全保障協議で合意するなど、日本国憲法でうたわれている戦争放棄の精神を投げ捨てる姿勢を示した。

インドも中国国境付近の戦力を増強、長距離ミサイルの発射実験を行うなどの動きを見せている。さらにベトナムにインド海軍の基地を建設する計画まで浮上してきた。日本、韓国、インドの動きは独立したものではない。その背後では米国が糸を引いていることは間違いないだろう。中国は弱腰になってはならない。中国が敢然と一撃を加えれば、虎の威を借る狐は元の姿に戻るのだから。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング