Record China

ヘッドライン:

中国高速鉄道で火災、車体にぽっかりと穴―中国

配信日時:2018年1月26日(金) 10時50分
拡大
25日、観察者網によると、中国の高速鉄道車両で同日、火災が発生した。この影響で、列車14便が運行を取りやめたという。
(1/3枚)

2018年1月25日、観察者網によると、中国の高速鉄道車両で同日、火災が発生した。この影響で、列車14便が運行を取りやめたという。

その他の写真

出火したのは青島(山東省)から杭州(浙江省)に向かう列車で、安徽省の定遠駅での停車時に2号車から火が上がった。電気系統にトラブルがあったという。車体に穴が開くほどの被害が出たが、けが人はいなかった。

この列車に乗っていたある男性は「列車は昼前に駅に止まり、火災発生を知らせるアナウンスが流れた。その後、乗務員が全乗客を下車させる段取りを取った」と話し、別の男性も「定遠駅に差し掛かった際、突然停まった。駅の係員が消火器を持って先頭車両の方に走って行くのが見えた」と当時の状況を説明している。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

世界中から40万人が来るのに…韓国空港の平昌準備が“ひどい”状況=韓国ネットも懸念「北朝鮮ばかりで国民には無関心」「これじゃ南北大会だ」

22日、平昌五輪の開幕が20日後に迫る中、韓国の主要国際空港内の案内や広報が大幅に不足していることが明らかになった。最大40万人の外国人が仁川や金浦国際空港に来ることが予想されるだけに、早急な改善が必要と指摘されているという。写真は仁川国際空港。

Record China
2018年1月24日 23時10分
続きを読む

ランキング