Record China

ヘッドライン:

世界初、体細胞使ったクローン猿が中国で誕生、中国ネットからは「複雑な気持ち」の声も

配信日時:2018年1月25日(木) 13時0分
拡大
25日、中国で世界初の体細胞によるクローン猿が誕生したとのニュースに、中国のネットユーザーが注目している。資料写真。

2018年1月25日、中国で世界初の体細胞によるクローン猿が誕生したとのニュースに、中国のネットユーザーが注目している。

同日付の人民日報によると、中国科学院はサルの体細胞から同じ遺伝情報を持つ「クローン猿」を世界で初めて誕生させたと発表した。「中中」と名付けられた1匹目は昨年11月27日に生まれ、10日後に2匹目の「華華」が誕生したという。

記事は「1996年のクローン羊『ドリー』の誕生以来、各国の科学者は体細胞を使ってウシ、ネズミ、ネコ、イヌなどのクローンを作ってきたが、霊長類の『壁』を超えることはなかった」と指摘。クローン猿研究は人間の病気の新たな治療方法の研究に大きな役割を果たすとの声が出ていることも伝えた。

このニュースに中国のネットユーザーは数多くのコメントを寄せており、称賛の声が上がる一方、「良いこととは思うが一種の危機感を覚える」「複雑な気持ち」「実験に使われるのかと思った途端、かわいそうになった」「技術の応用は慎重にして」「今日がクローン猿なら明日は人間のクローン?」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング