Record China

ヘッドライン:

日本は科学研究分野で世界の信用失う?論文不正多発で危機―中国メディア

配信日時:2018年1月25日(木) 17時50分
拡大
ここ数年、日本の学術界で論文や研究活動での不正行為が続いており、日本の科学研究の信頼性が損なわれる事態となっている。資料写真。

2018年1月24日、新華社は、ここ数年、日本の学術界で論文や研究活動での不正行為が続いており、日本の科学研究の信頼性が損なわれる事態となっていると伝えた。

日本ではこのところ、理化学研究所のSTAP細胞騒動のほか、東京大学や熊本大学、筑波大学などで相次いで論文の不正が発覚している。

そしてこのほど、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所で論文のねつ造や改ざんが明らかになり、大学は論文の撤回を申請した。

今回の事件は、再生医療への応用が期待される分野の権威として世界をリードしてきた京都大学iPS細胞研究所内での不正とあって、日本メディアは「信用低下は避けられない」と指摘している。

北京呈諾医学科技有限会社の最高経営責任者(CEO)で、京都大学iPS細胞研究所の特別研究員だった高飛(ガオ・フェイ)氏は、「STAP細胞の問題で誰もがこうした事案に神経をとがらせており、同じような間違いは出ないと思っていた。それも京都大学で」と驚きを隠せない。

生命科学分野で研究開発を行っているIDファーマの朱亜峰(ジュウ・ヤーフォン)取締役社長は、「研究上の不正行為は研究者のモラルの問題で、以前から存在してきた」と指摘。しかし、iPS細胞作製技術自体に問題はないとの見方を示し、「今回の事案で山中教授自らが率先して謝罪会見を開き、隠蔽(いんぺい)しなかったことは評価されるべきだ」と話しているという。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

東京大学で不正ゆえに中国人の博士号が取り消しに=「外国にまで行って恥をさらすとは」「故意ではないとよく言える」―中国ネット

2日、中国メディアの澎湃新聞が、東京大学で中国籍の女性の博士号が不正ゆえに取り消しになったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は東京大学構内。

Record China
2017年12月2日 17時0分
続きを読む

竹島で新種の原生動物を発見した韓国人教授、韓国名の「dokdo」を入れて命名=「素晴らしい愛国者」「独島エビも喜んでいるだろう」―韓国ネット

17日、韓国メディアによると、韓国の慶北大学は同日、地球システム科学部海洋学専攻のパク・チョンス教授が竹島で唯一の淡水の河川で新種の原生動物を発見したことを明らかにした。写真は韓国の空港にある独島PRポスター。

Record China
2017年11月17日 12時20分
続きを読む

ランキング