2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国が最強、米国に何が起こった?革新能力番付―中国メディア

配信日時:2018年1月24日(水) 20時50分
韓国が最強、米国に何が起こった?革新能力番付
画像ID  950931
革新能力の番付といえるブルームバーグ・イノベーション指数で、韓国が5年連続で首位に立ち、米国が初めてトップ10に入らなかった。中国は2つ順位を上げて19位になった。写真はサムスン。
革新能力の番付といえるブルームバーグ・イノベーション指数の最新版が23日に発表された。韓国が5年連続で首位に立ち、米国が初めてトップ10に入らなかった。中国は科学技術やプロジェクトに従事する人が労働力全体に占める割合がますます上昇したことから、2つ順位を上げて19位になった。技術経済ウォッチャーの瞬雨さんによると、「米中両国の順位の上下動は基本的に客観的なものであり、米国の革新能力の順位が低下したことは、トランプ大統領の関連政策と関係があるとも考えられる」という。環球時報が伝えた。

▽韓国の革新力が最強

ブルームバーグによると、2018年の同指数は研究開発(R&D)支出、ハイテク上場企業の集中度など7つの基準に基づいて算出され、上位10位には上から順に韓国、スウェーデン、シンガポール、ドイツ、スイス、日本、フィンランド、デンマーク、フランス、イスラエルが並んだ。

サムスンは韓国がトップを維持する上で大きな支えになった。韓国で時価総額が最も高い企業であるサムスン電子は、米国での特許取得件数が世界のすべての企業の中で米国IBM社に次ぐ2位だったという。

▽米国に何が起こった?

米国は昨年の9位から11位に順位を下げ、初めてトップ10から外れた。米国は高等教育の効率(理系・工学系の新卒者が労働人口全体に占める割合)の番付でも8位に下がり、高付加価値製造業の番付でも順位を下げた。

米情報技術・イノベーション財団のロバート・アトキンソン会長の分析によると、「米国のこうした現象は今後も続く見込みだ。米国と異なり、他国はすでに措置を執っており、たとえばR&D支出への税金面での優遇措置の充実といった柔軟で十分な資金的支援を背景とした革新政策を制定することで、研究活動に国家予算をより多く充てるなどしている」という。

瞬さんは米国の革新能力の順位低下について、「トランプ大統領の就任と一定の関係がある。トランプ大統領の打ち出す政策が原因となって、シリコンバレーなどの革新ムードに影響が出た」との見方を示した。当代世界研究センターの趙昌特約研究員も同日、「金融危機のもたらした影響により、トランプ大統領の就任後、科学技術分野の支出が大幅に削減された。また、米国内部ではある時期から論争が続き、国全体として長期的で着実かつ明確な発展構想がなくなってしまった」と述べた。

▽中国は2位上昇

中国の順位は昨年から2位上昇して19位になった。中国の労働力には新たに科学や工学を専門に学んだ大学卒業生が大量に出現し、華為(ファーウェイ)などの科学技術企業の革新に関する特許取得件数も増加を続けているという。

米紙ワシントン・ポストは同報告を引用しながら、次のように伝えた。中国はR&D支出の国別で世界2位になり、15年の世界R&D支出約2兆ドル(約219兆6800億円)の21%を占めた。現在の成長ペースが続けば、近い将来に世界一になるとみられる。また、中国は技術者チームを大幅に拡大してもいる。00年から14年にかけて、理工系の学位を取得した大卒者が約35万9000人から165万人に増えた。同期の米国では理工系の大卒者は約48万3000人から74万2000人に増えるにとどまった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事