華人少年が暴行被害、加害者「お前が華人だから殴るのさ」―イタリア

配信日時:2018年1月25日(木) 7時40分
華人少年が暴行被害、加害者「お前が華人だから殴るのさ」
画像ID  950816
24日、中国僑網によると、イタリアの列車内で先日、華人だからという理由で14歳の少年が数人に殴られるという事件が起きた。資料写真。
2018年1月24日、中国僑網によると、イタリアの列車内で先日、華人だからという理由で14歳の少年が数人に殴られるという事件が起きた。

記事によると、事件はラ・スペツィアからフィレンツェに向かう列車の中で起きた。当時、もう一人の少年と列車に乗っていた華人少年は、突然現れた見知らぬ数人に殴られた。加害者らは「お前が華人だから殴るんだ」などと口にし、華人少年の所持品を強奪。少年は事件後、病院で治療を受けた。

しかし、2人は帰宅するために乗った列車で再び加害者らに遭遇。「警察にばらすな」と脅され、通報記録の有無を確認するために携帯電話を出すよう言われた。記事によると、警察はこの事件を人種差別による襲撃事件と判断し、車内の防犯カメラの映像から容疑者を特定、その後、逮捕に至ったという。

記事は「現地で華人が差別されるのは今回が初めてではない」と指摘。先月上旬にはショッピングモール内で配られる風船を欲しがった3歳の男の子が「華人でしょ。あげないよ」という言葉を浴びせられたという。このほか、幼稚園に通う子どもを持つ華人女性から「イタリア人のお母さんの中には『華人は良くないから』と言って子どもに華人の子と遊ばせないようにする人もいる」との声が上がったとも伝えている。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事