Record China

ヘッドライン:

中国人の男が日本で替え玉受験し逮捕、中国ネットから「恥さらし」「報酬が安すぎ」の声

配信日時:2018年1月24日(水) 12時30分
拡大
24日、日本で行われた民間の英語検定試験で替え玉受験を試みた中国人の男が逮捕されたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。

2018年1月24日、日本で行われた民間の英語検定試験で替え玉受験を試みた中国人の男が逮捕されたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

国際在線が23日、日本メディアの報道を引用して伝えたもので、建造物侵入の疑いで逮捕されたのは昨年10月に観光ビザで来日した30歳の男。男は20日、別の中国人男性になりすまし、留学や移住などに必要な英語力を判定する「IELTS(アイエルツ)」を受験するため、試験会場の同志社大学(京都市上京区)に不法侵入した疑いが持たれている。試験中に身分証として提示したパスポートに不審な点があったことが不正発覚につながったようだ。

記事は「中国ではIELTSの受験希望者が多すぎるため、日本で試験を受ける中国人が増えている」という日本の実施団体の説明も取り上げ、逮捕された男が試験翌日に帰国する予定だったことや、男が「ブローカーに替え玉受験を頼まれた。成功報酬は十数万円で、以前にもやったことがある」と供述したことなどを紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「国内の悪習を海外に持ち出すなんて」「たった十数万円のために?」「日本円ではなく人民元だと勘違いしたのでは」「とんだ恥さらしだ。帰ってきたら重罰に」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国のTOEIC試験で新手の替え玉受験が発覚=韓国ネット「韓国社会の副作用」「代理統治のこの国ではかわいいもの」

27日、韓国メディアによると、韓国で行われる英語検定試験のTOEICやTOEFLでさまざまな不正が横行、手口が巧妙化する中、多額の金品を受け取り替え玉受験を請け負っていた会社員の男(30)が警察に逮捕された。資料写真。

Record China
2017年3月1日 9時10分
続きを読む

韓国国政介入疑惑の逮捕者にまた替え玉説、検察「かつらを取っただけ。本人です」=韓国ネット「逃げてた理由はこれだった?」「お笑いより笑える」

10日、韓国の朴槿恵大統領の親友・崔順実容疑者をめぐる国政介入などの一連の疑惑で新たに逮捕されたチャ・ウンテク容疑者に替え玉説が浮上した。写真は韓国の警察車両。

Record China
2016年11月10日 20時20分
続きを読む

ランキング