中国で日本の癒し系ゲームアプリが大人気!Appストアでランキング1位に―中国メディア

配信日時:2018年1月23日(火) 22時40分
中国で日本の癒し系ゲームアプリが大人気!ランキング1位に
画像ID  950387
携帯用ゲームアプリの開発を手がける「ヒットポイント」がこのほどリリースした新アプリ「旅かえる」は、まだ中国語版がリリースされていないにもかかわらず、中国で大人気になり、話題をさらっている。
携帯用ゲームアプリの開発を手がける「ヒットポイント」がこのほどリリースした新アプリ「旅かえる」は、まだ中国語版がリリースされていないにもかかわらず、中国で大人気になり、微信(Wechat)のモーメンツの話題をさらっている。1月10日から中国のApp Storeの無料アプリランキングとゲームアプリランキングでトップに立っている。人民網が伝えた。

その他の写真

多くの人が最近、仕事や家事などの合間に、「かえるはいつ旅から帰って来るかな」、「まだ旅先の写真が届いていないけど、どうしているのだろう」、「旅先で友達はできたかな」、「おうちにずっといるのではなく、旅に出て友達でも作らないと」といったように父親や母親がするような心配をしている。

しかし、どんなにやきもきしても、かえるがいつ旅に出るのか、いつ帰って来るのかは全く決まっていない。アプリを開けた時に、かえるが家にいるか、旅に出かけているかも、誰にも分からない。そのため、中国では「縁任せの仏系(仏のように物事に拘泥しないこと)ゲーム」と言われている。プレイヤーがコントロールできるのは、かえるに持たせるお弁当と道具だけで、何を持たせるかでもらえるお土産や旅先などが変わる。

すべて日本語の画面で、当て推量で遊ぶしかないにもかかわらず、中国の人々のゲームへの熱意は全く下がっていない。「旅かえる」が中国でこれほど人気になっているのはなぜなのだろう?

まず、操作がとても簡単で、たくさんの時間をとられることなく、気が向いたときだけ遊ぶことができ、さらに、男女も問わない。現在、App Storeには日本語版しかないものの、操作が簡単で、あれこれ考える必要はないため、そこに「言葉の壁」は存在しないのだ。かえるは好きな時に旅に出掛け、好きな時に帰って来る。そのため、たくさんの時間をゲームに費やす必要はなく、暇な時にかえるのために何かしたい場合は、お金の代わりに使われる庭のクローバーを収穫し、かえるの旅の支度をしてあげるだけでいい。旅の持ち物をたくさん準備してあげると、日本各地の名産品、そして旅先で撮影してきた写真、旅先で出会う友達などが変わる。

ゲームではかえるの「おうち」に入ることもできる。その中は一部屋だけで、下がリビング、上がベッドというシンプルな構造だ。かえるは旅から帰ると、お腹がすいた時は下のテーブルでご飯を食べたり、お腹がいっぱいになると何かを作ったり、ベッドで本を読んだり、机で手紙を書いたりする。ほとんどの時間、プレイヤーはかえるを眺めているだけで、まったりとした時間が流れる空間を楽しめるため、癒し系で、多くの人が「かわいい」と絶賛している。

その他、旅かえるであるため、旅の途中でいろんな風景の場所へ行き、新しい友達にも出会い、感動した旅先の写真、お土産などをくれる。どのくらいの旅になるかは決まっておらず、受け取ることのできる写真やお土産も異なり、たくさんのサプライズを提供してくれる。かえるが言葉を発することはなく、すべてはプレイヤーの想像に委ねられた、完全癒し系のゲームと言えるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事