Record China

ヘッドライン:

近視の進行を遅らせるコンタクトレンズ、香港理工大学が開発―中国メディア

配信日時:2018年1月25日(木) 7時20分
拡大
香港理工大学は22日、同校が開発した「光学デフォーカス」柔軟性コンタクトレンズにより、子供の近視進行のペースを6割落とすことが可能であり、すでに商品化も実現していると発表した。

香港理工大学は22日、同校が開発した「光学デフォーカス」柔軟性コンタクトレンズにより、子供の近視進行のペースを6割落とすことが可能であり、すでに商品化も実現していると発表した。新華社が伝えた。

同校は先ほど、8−13歳の近視者128人を被験者とし、研究を実施。その結果、このコンタクトレンズで学齢期の子供の近視が進行するペースが6割ほど落ちた。

視覚科技有限公司の創業者兼総監の梁子文(リアン・ズーウェン)氏は、「子供は4−5歳から定期的な視力検査を開始し、この視力を調節するコンタクトレンズをつけるべきか、専門家の診断を受けるべきだ。一般的に、近視調節の治療には約10年かかり、毎日8時間以上使用する必要がある。商品の価格は、1年で約8800香港ドル(約12万3000円)になる」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の研究チームが金属よりもタフなゲル素材を開発=韓国ネットが感心「これこそが基礎科学」「活用方法が無限に広がりそう」

17日、北海道大学大学院先端生命科学研究院の研究者らが金属よりも強度の高い革新的な素材「繊維強化ゲル」の開発に3年間の研究の末成功したことについて、韓国・ヘラルド経済が米CNNテレビの報道を引用し伝えた。資料写真。

Record China
2017年7月19日 15時30分
続きを読む

「全世界に旭日旗デザインがまん延」韓国人教授が指摘=韓国ネット「韓国がどうこう言えることはない」「反日感情を利用して…」

4日、韓国メディアによると、韓国広報専門家の徐敬徳誠信女子大教授が、「世界の主要都市で日本の戦犯旗(旭日旗)デザインが広く使われている」と懸念を示した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年5月9日 8時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング