Record China

ヘッドライン:

冷え込んだ中台関係、観光業界から不満爆発「3メートル幅の道路が50センチ以下になってしまった」―中国メディア

配信日時:2018年2月4日(日) 8時40分
拡大
1日、中国メディアの環球網は台湾メディアの報道を引用し、台湾の観光業界から中国人旅行客が少なくなっている現状に対する不満の声が出たと伝えた。写真は台北101。

2018年2月1日、中国メディアの環球網は台湾メディアの報道を引用し、台湾の観光業界から中国人旅行客が少なくなっている現状に対する不満の声が出たと伝えた。

台湾メディアの中時電子報は1日、100人以上の台湾旅行業界関係者が参加した「観光旅行フォーラム」が2月1日に行われ、中台関係があまりに悪く、旅行業界は活路を見いだせないでいるとの不満の声が出たと伝えた。

フォーラムの主催者である陳建宇(チェン・ジエンユー)氏は、数年前の台湾の外貨収入は4000億台湾ドル(約1兆4800億円)を超えていたと指摘。しかし、最近では訪台中国人が減少しているため、2017年の外貨収入は4000億台湾ドルに満たない見込みであることを伝えた。

台湾旅行公会全聯会の蕭博仁(シャオ・ボーレン)理事長は、中台関係について「以前は3メートル幅の道路だったのが、今は50センチ以下になってしまった」と形容。「1年以上いろいろ考えてみたが、破滅への道は数十本あるのに1本の活路も見いだせない。中国人旅行客が来ないため、中南部の状況は特に悲惨だ。もし(中国人観光客が)来るなら、これは活路というだけでなく、非常に幅の広い道路となる」と語った。

淡江大学の聶建中(ニエ・ジエンジョン)教授も、「『歳末年終蔡政権総検討』の記者会見で、蔡政府が発表した観光に関する数字を誰が信じられるというのだろう?出稼ぎ労働者や乗り継ぎの人も観光客に含めている。しかも東南アジア諸国には金券やクーポンを配って台湾で消費してもらっているが、これで台湾がどれだけもうかるのか?」と疑問を投げかけた。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング