Record China

ヘッドライン:

台湾の観光スポットにナチス旗出現、「さらに意外」だったのは…―中国メディア

配信日時:2018年1月23日(火) 14時20分
拡大
22日、観察者網によると、台湾台北市の「台北101」前の広場で18日、ある団体のメンバー約50人がナチスの旗を振り回すという事態が起きた。
(1/3枚)

2018年1月22日、観察者網によると、台湾台北市のランドマーク「台北101」前の広場で18日、ある団体のメンバー約50人がナチスの旗を振り回すという騒動が起き、その場にいた外国人観光客らに緊張が走った。記事は警察当局が「ナチスの旗を掲げる行為は言論の自由の範囲」と説明したことについて「さらに思いがけないこと」としている。集会自体は許可を受けずに開かれたため、警告を受けたという。

その他の写真

記事によると、この団体は「日本統治時代、日本政府は第1世界大戦に敗れたドイツが賠償として提供した債券を台湾の人々に強制的に売りつけた」と主張し、日独政府に払い戻しを要求している。団体がナチスの旗を掲げたことについて、台湾にあるドイツとイスラエルの窓口機関は19日に「公の場でナチスの旗を振りかざす行為はホロコースト被害者に対する侮辱。こうした行為は『言論の自由』の乱用だ」とする非難声明を発表した。団体は過去にもナチス旗を掲げる行為を行っているという。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の大学生らと面会したソウル市長「歴史問題の解決なくして未来はない」=韓国ネット「日本はまだまだ」「若い世代にも責任はある」

2日、韓国メディアによると、韓国の朴元淳ソウル市長が日本の大学生らと面会し、「過去の歴史問題を確実に解決し、その上で未来を作っていかなければならない」との考えを示した。写真は韓国の慰安婦歴史館。

Record China
2017年11月3日 1時0分
続きを読む

ランキング