Record China

ヘッドライン:

韓国人選手がジョコビッチに勝利!韓国初の8強入りに海外メディアも驚き=「誇らしい」「テニス界のキム・ヨナだ!」―韓国ネット

配信日時:2018年1月23日(火) 12時50分
拡大
2018年1月22日に行われたテニスの全豪オープン男子シングルス4回戦で、韓国の鄭現(チョン・ヒョン)が全豪オープンで6回の優勝を誇るセルビアのノバク・ジョコビッチを下して韓国勢初のベスト8に進出し、海外メディアを驚かせている。韓国・SBSなどが報じた。

鄭現は2年前、同大会1回戦でジョコビッチと初対戦して0−3で完敗を喫したが、その後、力をつけ、昨年には21歳以下の選手を対象としたネクスト・ジェネレーションATPファイナルズの初代王者に輝くまでに成長。一方のジョコビッチは昨年7月のウィンブルドン選手権以降、肘の負傷に苦しんでいたが、海外メディアの多くは今大会で「ジョコビッチ優勝」を予想していたという。

鄭現が勝利すると同大会のホームページはブログを通じて「スター誕生」と伝え、「鄭現は幼い頃のあこがれだったジョコビッチを相手に予想外の勝利を収めた」と評価。さらに「プレーステーションスタイルのテニス」とし、「ゲームでこそ可能なレベルのショットが3セットのタイブレークで出た」とプレーぶりを称賛したそうだ。

仏AFPは、ジョコビッチが昨年7月から肘の負傷のために実力を存分に発揮できなかったことを中心に「鄭現が負傷を抱えてプレーしたジョコビッチを脱落させた」とのタイトルで報じた。ロイターも「ジョコビッチは肘を曲げるたびに顔をゆがめていた」と、コンディションが万全ではなかったと伝えたとのこと。

これを受け、韓国ネットユーザーからは「胸が高鳴る。最高」「どんな言葉でも言い尽くせない」「韓国人選手がジョコビッチに勝つ日が来るなんて」「韓国人として誇らしい」と称賛の嵐が巻き起こっており、中には「これって実話?」とにわかに信じがたいというコメントも。

また、韓国ならではの「こういう選手は兵役を免除すべき」との声には男性ユーザーを中心に多くの反響が見られた。

その他、韓国スポーツ界の歴代大物選手を挙げて「テニス界のキム・ヨナ」「ぜひ優勝してキム・ヨナやパク・テファンのように奇跡を起こして」と希望あふれるコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「キム・ヨナのライバル」浅田真央さんが初マラソンで完走=韓国ネットから“異例”の賛辞「本当にすごい」「チャレンジを応援するよ」

11日、引退したフィギュアスケートの浅田真央さんが初マラソンに挑戦し、4時間34分13秒で完走したニュースが韓国でも大きく報じられた。写真はフィギュアスケート現役時代の浅田真央さんとキム・ヨナさん。

Record china
2017年12月11日 23時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング