Record China

ヘッドライン:

インドが中距離ミサイル実験成功、新たな核の時代に―インド紙

配信日時:2011年11月17日(木) 20時17分
拡大
16日、2010年には失敗していたインドの中距離ミサイル実験だが、15日に発射実験が成功したと、インドの各メディアが伝えている。ミサイルは中国の核武装に対抗したものだとされている。写真は中国人民革命軍事博物館に展示されている中国のミサイルや戦闘機。
(1/4枚)

2011年11月16日、環球時報(電子版)によると、2010年末には失敗していたインドの中距離ミサイル実験だが、11月15日に改めて発射実験が行われ成功したと、インドのメディアが伝えている。

その他の写真

ザ・タイムズ・オブ・インディア紙は15日、実験に成功したアグニ4ミサイルはアグニ2ミサイルの改良型で、核弾頭の搭載が可能なインドで最先端の地対地中距離弾道ミサイルであり、「この実験成功はアグニ5ミサイルの発射実験への幕開けとなる」と伝えた。

また、アグニ4の開発プロジェクトは、48歳の女性科学者が責任者を務めていることも同紙は伝えている。

アグニ4、アグニ5はいずれも中国の核武装に対抗したものだとされ、開発中とされるアグニ5は最高射程5000キロ。アグニ5は2012年初めに発射実験が予定されている。中国の弾道ミサイル「東風−31A」は射程1万1200キロで、インドのすべての都市を射程内としている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

中国の新潜水艦「新元」は驚くべき大きさ、対空母ミサイル搭載か―カナダメディア

20日、中国・武漢で完成した改良型潜水艦(SS)「新元」は、その船体の巨大さから対艦弾道ミサイル「DF−21D」の搭載が可能ではないかとカナダの軍事誌が報じた。写真は09年10月、中国建国60周年の記念パレードに登場したDF−15Bのミサイル部隊。

Record China
2011年9月21日 17時25分
続きを読む

ランキング