中国の遺伝子組み換え耐虫性稲、米国で食用の許可取得―中国メディア

配信日時:2018年1月24日(水) 6時40分
中国の遺伝子組み換え耐虫性稲、米国で食用の許可取得
画像ID  949935
華中農業大学が発表した情報によると、米食品医薬品局は北京時間20日にウェブサイトで、同校が提出した遺伝子組み換え耐虫性稲「華恢1号」の安全性・栄養評価報告諮問の書類と関連書簡を発表し、同校に対して「華恢1号」の安全性評価の諮問を終えたと通知した。
華中農業大学が発表した情報によると、米食品医薬品局(FDA)は北京時間20日にウェブサイトで、同校が提出した遺伝子組み換え耐虫性稲「華恢1号」の安全性・栄養評価報告諮問の書類と関連書簡を発表し、同校に対して「華恢1号」の安全性評価の諮問を終えたと通知した。これは「華恢1号」と関連の米製品を米国に輸出し、市場で一般消費者向けに直接販売できるようになったことを意味する。中国科技網が伝えた。

同書簡の主旨に基づき、FDAは同校が提出した「華恢1号」の安全性評価の資料を承認した。「華恢1号」は人類の食品としても動物の食品としても、栄養価や抗栄養因子などの各種関連データで、元の品種と実質的に異なる点がないと判断した。

「華恢1号」は華中農業大学が1998年に栽培に成功した品種。二化螟やコブノメイガなどの鱗翅目害虫に対して高い耐性を持ち、稲生産における農薬使用量を大幅に削減し、生産量を大幅に拡大できる。1999年には、中国農業部による成果鑑定に合格した。10年近くにわたる安全性評価を経て、中国農業部は2009年に、「華恢1号」に農業生物安全証書を発行した。同校は2009年より海外での生物安全性評価を積極的に模索し、中国の遺伝子組み換え耐虫性稲の国際市場開拓に向け準備を進めてきた。

「華恢1号」はFDAと環境保護庁の安全性審査手続きを終えている。これは「華恢1号」と関連製品を米国に輸出し、市場で一般消費者向けに直接販売できるようになったことを意味する。また、中国の検査機関の「華恢1号」に対する食用・飼料用安全評価、栄養評価の実験方法及びデータが、米国関連機関から完全に承認されたことを意味する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事