2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本のランナーの実力に驚き―中国メディア

配信日時:2018年11月29日(木) 21時40分
日本のランナーの実力に驚き―中国メディア
画像ID  949634
28日、環球網は「日本のランナーの1万メートルの実力に驚き」と題する記事を掲載。このほど日本各地で行われた陸上競技記録会の男子1万メートルで、18人が28分以内、115人が19分以内に入ったことを伝えた。資料写真。
2018年11月28日、環球網は「日本のランナーの1万メートルの実力に驚き」と題する記事を掲載。このほど日本各地で行われた陸上競技記録会の男子1万メートルで、18人が28分以内、115人が19分以内に入ったことを伝えた。

先週末、日本各地で陸上競技の記録会が行われ、男子1万メートルでは好記録を残す選手が続出した。今年のジャカルタ・アジア大会男子3000メートル障害で銅メダルを獲得した塩尻和也は23日に順天堂大学で行われた記録会で28分58秒16の記録を出し、特にラスト1周は58秒という驚異的なタイムをマークした。

また、シカゴマラソンで日本最高記録を更新した大迫傑は、24日に東京・町田市の法政大学で行われた記録会に出場、28分33秒92でゴールした。しかも、大迫と同じ組で走った選手のうち、4人が28分の大台をマークしている。24日に関東学生陸上競技連盟主催の1万メートル記録挑戦競技会では、青山学院大学の吉田圭太が28分27秒40で優勝した。

今年のアジアにおける男子1万メートルの最高記録は、バーレーンの選手が6月に出した27分38秒16。国際陸連が認定した日本人選手の今季最高記録は、23歳の田村和希が7月に日本国内で出した27分58秒35となっている。

一方、記事によると、今季の中国人最高記録は彭建華(ポン・ジエンホア)が出した29分17秒98で、アジア全体で137位。なお、彭を上回る記録の大部分は日本人選手が出したものだという。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • MR***** | (2018/11/30 09:33)

    夜散歩する近所の公園、暗い中子供たち(何かの部活で)一列で疾走するのを見て感心した。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ser***** | (2018/11/30 00:03)

    日本は、ゴール前から選手に国旗を無理やり渡す「国旗パフォーマンス」 なんかしないからな。 あんなもの、自国選手にはもちろん、他国の選手にとっても危険で邪魔なだけの愚行だ。 国旗を振らせたいなら、ゴール後に好きなだけやれ。 専門家に言わせると、東京五輪では日本人選手が圧倒的に有利だとか。 理由は、「アフリカ勢は、高温多湿に極端に弱いから」らしい。 男女共の表彰台をぜひ、期待したいものである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事