2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本の番組で2500万円と鑑定された茶わん、実は中国人女性が作った偽物?=中国ネット「うちらのおばちゃんはすごい!」

配信日時:2018年1月22日(月) 14時30分
日本の番組で2500万円と鑑定された茶わん、中国人が作った偽物?
画像ID  949521
19日、人民日報は、日本の鑑定番組で2500万円と鑑定された茶わんについて、別の番組に出演した中国の陶芸家の女性が「自分の作ったものだ」と述べていることを伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年1月19日、人民日報は、日本の鑑定番組で2500万円と鑑定された茶わんについて、別の番組に出演した中国の陶芸家の女性が「自分の作ったものだ」と述べていることを伝えた。

16年12月にテレビ東京で放送された「開運!なんでも鑑定団」のなかで、世界に三つしかない「曜変天目茶碗」だとして2500万円の値がついた茶わんについて、陶芸家の男性から鑑定結果が間違っているのではないかとの指摘が寄せられた。

これについて、このほどTBSで放送された「ビビット」では、「新証言」として中国福建省の女性・李欣紅(リー・シンホン)さん(61)が、「自分が作ったものだ」と名乗り出ていると紹介した。この女性によると、茶わんは土産用として80元(約1400円)で販売していたもので、曜変天目のような模様は「筆で描いた」と証言。茶わん底の「供御」の刻印は、アルバイトが彫ったものだと語っている。

中国のポータルサイト・新浪の微博(ウェイボー)アカウントである頭条新聞もこの話題についてツイートしており、中国のネットユーザーからは「これは気まずいな」「ハハハ!これは日本の鑑定団の専門家はバツが悪いな」などのコメントが寄せられた。

また、「うちらのおばちゃんはすごいな」というユーザーがいる一方で、「なんで言っちゃうんだよ。もっといっぱい作って(高値で)売ればよかったのに」との意見もあった。

他には、「茶わんの底を見たら『Made in China』だったということか」「茶わんの底に『電子レンジ使用可』って書いてあるんじゃないか?」「1400円なら俺も一つ買いたい」などのコメントも。

ただ、「ビビット」の出演者からは、李さんの証言の信ぴょう性に疑問を呈するコメントも出ていた。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事