2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国人男性の10年洗っていない足でドクターフィッシュ全滅、日本の報道に中国ネットが「安心した」理由

配信日時:2018年1月22日(月) 22時30分
ドクターフィッシュ全滅、日本の報道に中国ネットが「安心した」理由
画像ID  949520
20日、観察者網は、中国で10年間足を洗わなかった男性がドクターフィッシュを全滅させたという情報を日本の新聞が報じたことを伝えた。資料写真。
2018年1月20日、観察者網は、中国で10年間足を洗わなかった男性がドクターフィッシュを全滅させたという情報を日本の新聞が報じたことを伝えた。

記事は「近ごろ、ある中国のニュースが日本の新聞に掲載された」と紹介し、ある日本のネットユーザーが新聞記事の写真をツイッターに投稿したキャプチャ画像を掲載している。記事の内容は、「仕事が忙しくて近ごろ初めて彼女ができた35歳の男性が、元日の休暇に彼女とフットスパに出かけ、ドクターフィッシュを試したところ、魚がみんな死んでしまった。異臭がしたことから、店主は男性が毒を入れて魚を殺したと疑い、賠償を請求。男性は『仕事が忙しく、10年あまり足を洗ってなかった』と説明した。男性の根気強さに感じ入った店主は代金を請求せず、彼女も今後気をつけてくれればと別れを切り出さかなった」というものだ。

そして、このニュースが日本のネットユーザーたちを大いに驚かせ「魚がかわいそう」「中国の水は高価だろうに」などといった感想が寄せられたと紹介。一方で、「日本のメディアはこの情報を掲載する前に、本当のニュースかどうか確認しなかったのだろうか」として、「どう考えてもフェイクニュースだ」との見方を示している。

中国のネットユーザーからは「日本人は香港や台湾同様、こういったニュースに驚くようになった。とても喜ばしいことだ」「日本も台湾やインドのレベルに成り下がったようだ」「もし日本じゅうがこんなニュースだらけだったら安心なのに。こんな知能レベルなら日本に対して何の心配も要らないから」など、喜びを示すコメントが多く見られた。

一方で「日本の新聞をどうこう言う前に、そのソースが中国のニュースであることを考えなければ」「実際、中国語のフェイクニュースも多いのだ。ちゃんと管理すべきだと思う」との感想も寄せられている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事