日中合作映画「空海-KU-KAI-」、製作費無事回収、大スケールの撮影基地も観光客激増―中国

Record China    2018年1月21日(日) 12時0分

拡大

19日、日中合作映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」の興行収入が5億元(約86億円)を突破し、製作費を回収したことが明らかになった。チェン・カイコー監督が感謝のメッセージを公開している。

(1 / 8 枚)

2018年1月19日、日中合作映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」の興行収入が5億元(約86億円)を突破し、製作費を回収したことが明らかになった。チェン・カイコー(陳凱歌)監督が感謝のメッセージを公開している。中国時報が伝えた。

その他の写真

日本から染谷将太や阿部寛、松坂慶子らが出演している日中合作映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」は、夢枕獏氏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴(うたげ)す」を実写化したもの。中国では先月22日に封切られ、19日現在の興行収入は5億2900万元(約91億円)となり、製作費を無事に回収できたことが明らかになった。

このうれしい知らせにチェン・カイコー監督は、「夢をかなえさせてくれた皆さんに感謝したい。映画を作るのは、種をまくことに似ている。人の心に届き、それがある日、芽を出してくれたらと願っている」とメッセージを公開した。

映画レビューサイト最大手の豆瓣(douban)では、20万人を超えるユーザーが参加し、10点満点のうち7点と評価も高い。さらに映画の評判に便乗し、ロケ場所となった大型スタジオ「唐城影視基地」も人気急上昇中だ。

湖北省襄陽市にある映画基地の「唐城影視基地」は総工費16億元(約277億円)を投じ、6年をかけて建設された。唐朝の都・長安が忠実に再現されており、「空海-KU-KAI-」効果で今年の元日を挟んだ数日間は、普段の3倍を超える観光客が詰めかけている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携