マリオットホテルでまた問題発覚!台湾の都市を日本扱いに=「こんな常識もないなんてあり得る?」「日本には本当にこういう場所がある」―中国ネット

配信日時:2018年1月20日(土) 18時20分
マリオットホテルでまた問題発覚!台湾の都市を日本扱いに
画像ID  949145
20日、中国メディアの観察者網は、マリオットホテルのホームページ上で、台湾の都市が日本扱いになっていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は台湾。
2018年1月20日、中国メディアの観察者網は、マリオットホテルのホームページ上で、台湾の都市が日本扱いになっていると伝えた。

記事によると、マリオットホテルの英語版のホームページの検索欄に、「台」の字を入力すると、台湾の「台中」、「台南」、「台東」などが検索結果として表示されるが、これら3都市の国・地域名がいずれも「Japan」となっているという。

また、フランス語版とイタリア語版のホームページでは、「台中」と「台南」は「Taiwan」となっているものの、「台東」はやはり「Japan」との表示だったという。そして、「台中」、「台南」、「台東」と入力して検索すると、東京のマリオットホテルがおすすめとして表示されると伝えた。

こうした誤りは台湾に関するものだけではなく、米国のデラウェア州も国が「カナダ」と表示されるという。マリオットホテルは、中国の会員向けのアンケートで、住んでいる「国」としてチベットや台湾、香港、マカオを中国大陸とともに選択肢に挙げたとして、謝罪に追い込まれ、中国当局がサイトを一時閉鎖させていた。

これに対し、中国のネットユーザーから「多国籍企業がこんな常識も分からないなんてあり得るのか?」「中国人民の感情をまったく考えないホテルだな」「このホテルはいったい何がしたいんだ?」など、批判するコメントが多く寄せられた。

しかし、「飛行機で香港やマカオに行くとき、国際線の搭乗手続きになるんだけど。台湾は言うまでもない」「チャイナモバイルも、香港や台湾に行くと国際ローミングになる。これはチャイナモバイルも罰さないといけないということか」と、矛盾を指摘するユーザーもいた。

ほかには、「愛国心の強い人は普通、マリオットホテルなんて泊まれない(貧乏な)人たち」という意見や、「でも日本には本当に『台東区』という所があるからなあ」との指摘もあった。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 竹ノ花***** | (2018/01/22 13:56)

    台湾は日本の兄弟国にして東アジアで唯一の友好「国」だ。中華人民共和国のものじゃあないよ。 金門島における根本中将らの奮戦で手を引いたくせに我が物顔かよ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ただの***** | (2018/01/21 14:10)

    「飛行機で香港やマカオに行くとき、国際線の搭乗手続きになるんだけど。台湾は言うまでもない」「チャイナモバイルも、香港や台湾に行くと国際ローミングになる。これはチャイナモバイルも罰さないといけないということか」と、矛盾を指摘するユーザーもいたとのことですが,彼の国の主張によく見られるダブルスタンダードをよく認識していますね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ken***** | (2018/01/20 22:12)

    ホテルの中国の会員の為のアンケートで間違えたぐらいで騒ぐなんてなんと自国に自信がないのか?いやなら会員を辞めたら良い話しだ。 日本では鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県のことを中国ー地方と呼ぶ。元々は中国と呼んでいたが中華人民共和国が中国と名乗ったので可哀相なので地方を付けて中国地方と呼んであげている。その程度の国名なので気にしなくても良いのではないかい?
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事