小室哲哉さんが「騒動のけじめ」と引退表明、中国ネットから惜しむ声上がる

配信日時:2018年1月19日(金) 20時20分
小室哲哉さんが「騒動のけじめ」と引退表明、中国ネットから惜しむ声
画像ID  948992
19日、週刊誌で不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退を表明した。突然の発表に中国のネットユーザーも驚いている。資料写真。
2018年1月19日、週刊誌で不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退を表明した。突然の発表に中国のネットユーザーも驚いている。

小室さんはこの日開いた記者会見で「妻であるKEIKO、家族、ファンの皆様、その他スタッフの皆様、いろいろな方々にご心配をおかけし、お相手の方にもご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」と謝罪。騒動のけじめとしての引退であることを説明した。11年にくも膜下出血で倒れ、現在療養中のKEIKOさんのサポートに疲れがあったことも明らかにした。

日本のエンタメ情報を紹介する新浪日娯は、小室さんが数々のミリオンセラーを生んできたことを説明した。中国のネットユーザーからは、KEIKOさんに同情する声や「本当に不倫はあったの?」という疑問、「残念。日本の音楽を知ったばかりの頃、彼の作品をたくさん聴いたのに。TRFに華原朋美、安室奈美恵…。本当にファンだった」「90年代の日本の音楽を引っ張った人」「アジア流行音楽の殿堂入りレベルのプロデューサーだよ」と引退を惜しむコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事