中国と台湾の歴史教科書にはどんな違いがある?―中国誌

Record China    2011年11月11日(金) 23時33分

拡大

11日、中国誌は中国と台湾の歴史教科書の違いについて紹介した。写真は05年、日中韓が共同編集した歴史教科書の中国語版。

(1 / 4 枚)

2011年11月11日、中国誌「看世界」は中国と台湾の歴史教科書の違いについて紹介した。1949年の中台分断後、中国は旧ソ連と、台湾は米国とそれぞれ親密な関係を築くことになるが、面白いことにその関係性は教科書にも色濃く反映されている。

その他の写真

記事が比較の対象に用いたのは台湾・国立編訳館(1996年版)と中国・人民教育出版(2003年版)の2冊の歴史教科書。その中に出てくる米国と旧ソ連の姿は両者で全く異なる。例えば、1899年に米国のヘイ国務長官が提唱した「門戸開放政策」。台湾の教科書には「米国は再び各国に対し、我が国の領土と主権の保全を維持することを盛り込んだ通牒を送付。これにより、我が国は領土を分割されずに済んだ」と書かれている。

だが、中国の教科書は違う。「義和団の乱(1900年)が、帝国主義国家の面々に中国の分割は実に困難であることを知らしめた」とある。台湾は「米国のおかげ」を強調しているが、こちらでは米国の功績など全く触れられていない。そればかりか、中国の教科書にはわざわざ「帝国主義国家による中国分割の動き」という章が設けられ、帝国主義に対する恨みと憎しみに溢れた記述で埋め尽くされている。

「抗日戦争」に関しては、台湾版は「米国の各種支援(人や金、物資にいたるまで)が国民党政府の勝利を助けた」とだけあり、旧ソ連が関東軍を壊滅させたという記述はどこにもない。それどころか、「『老毛子』(ロシア人に対する蔑称)は中国で略奪、強姦、虐殺を繰り返した」とある。中国共産党に関する記述も、国共合作の時期はまだ婉曲だが、国共内戦以降は「反乱分子」「チンピラ」「怪しげ」といった文字が堂々と躍るようになる。

1949年の中華人民共和国成立から現在までの歴史も、台湾の教科書ではわずか320字分に凝縮。そこには「大きな鉄のカーテンの中に閉じ込められてしまったのと同じ。これにより、中国に貧困と落伍を招いた」と書かれている。(翻訳・編集/NN)

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携